底着き体験とは?(回復の為のターニングポイント)

al_r2016-0110-b

「底付き体験」はアルコール依存症と対峙する自分が「何のために治療するのか?」ということを自分自身に納得させなければ治療のスタートラインにすら立てないもの。

ただ入院するだけして治療期間の3ヶ月間を無益に過ごしてしまっても、アルコール依存症からの回復は絶対にあり得ない。

記事:http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n7870
出典:http://spotlight-media.jp/

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio

わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す