アルコール依存、知識ばらつき=「強い人危険」9割知らず-内閣府調査

al_2016-0912-a

内閣府のアルコール健康障害対策関係者会議によって計画案が策定され、この計画案を「第1期アルコール健康障害対策推進基本計画」とし、平成28年度から32年度まで5年間を対象とすることを決定した。

この計画概要は、

・正しい知識の普及
・相談及び支援のための相談支援体制づくり
・医療における質の向上と連携の促進
・アルコール依存症者の社会復帰するための社会づくり

の4項目から構成されている。

この計画案のおかげかはわからないが、以前と比べてアルコール依存症(※1)という病気についての意識・知識の浸透は進んでいると実感している。

わたしがアルコール病棟に入院した8年前のアルコール依存症患者数は全国で約80万人といわれていたのだが、3年前には実に約110万人にまで急増し、現在も速いペースで依存症患者を作り続けているのだ。

アルコールによる酒害は全世界的な懸案事項であり、WHO(世界保健機構)を中心となり、各国政府にて円滑にアルコールによる健康被害対策を速やかに推し進めて欲しいと思う。

アルコール依存症患者は、飲酒中の一部またはすべてを記憶してないことがあるのだが、これをブラックアウトと呼ぶ。

ブラックアウトはアルコールを体内に取り込むことで生じる身体依存が強く、また脳にダメージを受けやすい人ほど出現する確率が高くなる。

わたしは一人暮らしをしていた休職中に、アルコール依存症の典型的な症状である連続飲酒に突入してしまった。早い話が起きている間は常に飲みっぱなし、そして意識が無くなるまで延々と酒を飲み続ける。

既に飲酒をコントロールするとかそういうレベルではなくなっていて、起きる→痛飲→ブラックアウト→起きる→痛飲→ブラックアウト→起きる…以後繰り返し。

固形物すら摂ることが出来なくなり口にするのは本当に酒だけ。胃腸に強い痛みと不快感が生じるが、少し時間が空くとアルコールの離脱症状に襲われる。

そんな生活が10日も過ぎると、嘔吐も胃液だけじゃなく綺麗な鮮血まで出てきた。このとき「あ、おれ死ぬな」って本気で思った。

酒に自我を奪われ通院すらも儘ならなくなり、治療薬のストックも切れてしまったため併せて抑うつ症状まで強くなってしまい、精神的にズタズタになっていった。

連続飲酒の最中でも体調が悪化することで禁酒期間が2~3日開くことがあるが、わたしはそこで重度の離脱症状である「振戦せん妄(意識障害と幻覚)」が現れてしまう。

幻覚症状の幻視が現れて混沌とした意識の中で部屋の中が球体に変形し、わたしの身体よりも大きな虫が至るところを這い回っていたのが強く印象に残っている。

「幻覚は流石にマズい」と転がり込むようにタクシーに乗車して病院に飛び込んだのだが、主治医に一連の経緯を説明すると「それはアルコールの離脱症状ではなく『離脱してしまった』んだよ」と言われた。

冗談抜きに生命の危険に直面する、非常に切迫した状態だったのだと説明された。

「もう既にあなたは飲酒をコントロールする能力を喪失しているので、一度ちゃんとした治療設備の整った病院に入院して、アルコール依存症に関するカリキュラムをこなしながら、この精神疾患に関する知識を一から学んだほうが良い」

と諭され、さすがにわたしも入院を決断せざるを得なかった。

そして退院後、5年間は断酒も継続することが出来たのだが、実は昨年の夏頃から少量ではあるが飲酒習慣が復活している。

その事実を先日ようやく主治医に打ち明けたのだが、現在の飲酒量/ペースだけは診察毎に報告して欲しいと注文された。

「あなたはアルコール依存症の知識についてかなり身に付いているから、このままの飲酒量で収まっている間は深刻な問題飲酒に発展することはないと思う」との所見を述べられた。

「ただ飲酒量が増えるとしたら生活環境の悪化や強いストレスが生じるときだろう。これをコントロールするために自助グループに参加してもらったほうが良いんだけどね」と痛いところを指導されたが。

アルコールの離脱症状でも、ここまで進行してしまうのはやはり身体へのリスクが大きい。

実際にアルコールによる脱水症状のときに重度の振戦せん妄が現れ、その後死亡したケースも枚挙に遑がないのだ。

そこまでアルコール依存症患者の問題飲酒が進行してしまう前に、適切な知識や処置が行える医療機関や公的機関といった施設や人員の充実が図られればと切に願う。

記事:http://www.jiji.com/jc/article?k=2016090800753&g=soc
出典:https://pinterest.com/
引用:アルコール依存症 | e-ヘルスネット 情報提供 -厚生労働省-
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/alcohol/ya-016.html

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio
わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください