若者の“酒離れ” 20代の半数近くが「月に1度も酒を飲まない」

al_2016-1016

昔のようにタバコや酒がカッコよさのファッションアイテムだった時代では無くなって、むしろいま若い人でタバコや酒をガンガンやってる子って、あまりというかほとんど見ないよね?

タバコを近くで吸われて「臭い」「煙い」って喫煙者に堂々と言えるようになったのはここ10年くらいのことでしょ?

タバコは完全に市民権を失ってしまったから、仕事で一服したいときとか喫煙場所を探すだけでも大変だよな。

酒について思うことはキャバクラみたいな遊び場が本当に無くなってしまった。ニーズが無くなってしまったのかちょっとわからないけど、わたしが一番遊び歩いてた15~20年前はそれでもアチコチお店があったけどね。

でもたまにバカッターで晒される新歓コンパの泥酔者が道路に横たわっている画像。浜に打ち上げられたアザラシみたいなのが10頭くらい映ってるが、面白がる以前にぶっ倒れた人の状態はちゃんと把握しろよ?

例えば仰向けに寝てる人で嘔吐したのはいいが、吐瀉物が気道に詰まって窒息死するとか、急性アルコール中毒になるまで飲まされてしまったりとか、一歩間違えると生命の危険に繋がるからな。

会社の飲み会で膝を突き合わして飲む機会も減ってるんじゃないかね?角が立たないように1次会だけ顔を出してひたすらコーラ&ウーロン茶で凌ぎ切る人も多いらしい。

「飲みニケーション」っていう文化はまだあるんだろうけど、一歩間違えるとアルコール・ハラスメント(※1)、いわゆる上司の「アルハラ」が原因で訴えられてしまうケースもあるとか。

昔の体育会系のおっさんは、参加者にイッキを強要して潰れていく人達を見ながら「おれは酒に強い」とひとり悦に浸る上司も多いのだが、それって現代では完全にアウトってことをちゃんと認識しましょう。

酒の習慣が一定のレベルを超えると身体に様々な症状が出始める。これはいわゆる離脱症状と言われるものだが、目眩・発汗・振戦(手先の震え)・下痢などの初期症状が見られるようになる。

離脱症状が普通に見られるようになると肝機能値は一気に悪化するんだけれども、わたしが自覚したアルコールのダメージで一番恐ろしかったのは「脳」へのダメージ。

つまり脳を働かせる作業がまったく出来なくなってしまうのだ。具体的には思考力・判断力・記憶力が一気に低下する。この時点で頭を使う仕事は著しく能率やその成果が落ちる。

具体的に仕事で何かを考えなければならないとき、大抵は考える対象を具現化したイメージ像から、余分な肉を思考力が削いでいくというタスクを繰り返すことでアイディアが完成する。

だがアルコールによって脳がダメージを受けていると、第1段階の偶像がまず頭にイメージ出来なくなる。何度考えを巡らしてもヒントとなる偶像が思い浮かばない。

こんなときに「あれ?…おれってこんなに頭悪かったか?」といつも自己嫌悪していた。

何故こうなってしまったのか思い当たる節を考えては逡巡したが、このときはまだアルコールが原因だとは夢にも思っていなかったのだ。

わたしは8年前に連続飲酒が止まらなくなり、幻視・幻覚という強めの離脱症状が現れたことで入院を決意したのだが、実はこれが病気を知る上で非常に有意義なものだった。

入院中はアルコールが身体に与える被害を医師や看護師がわかりやすく説明してくれるのだが、アルコールの過剰摂取を長期続けることによって、脳萎縮してしまったレントゲン写真を見せられた。

アルコールによるダメージを脳に強く受ける人は、大量のお酒で急性の中毒症状を起こし、意識障害を引き起こすブラックアウトという状態になりやすい人に多く見られるという。

アルコール病棟を退院後、約6年間まったく酒を飲まなかった断酒期間があるのだが、この間アルコールによるダメージを脳が受けなかったからなのか、脳の機能も以前のように戻ってきた。

複雑な処理をそれも複数同時にこなしながらそれでも集中して仕事や作業が出来るまでに回復したのだ。

これは主治医から聞いた話だが、40代から起こる若年性認知症の原因のひとつは、過度な飲酒によるブラックアウトによって引き起こされると考えられており、その傾向が見られる患者のMRIを撮ると小さな脳梗塞が多数見つかるそうだ。

基本的にアルコール依存症とうつ病は密接な関係にある。まず発現する初期症状はどちらも共に似ており、睡眠障害と意欲低下の発現率が非常に高い。

睡眠障害が現れるとこれを病気と思わず「身体が疲れていないんだ」と勝手に判断して深酒に陥る。これを繰り返すことにより飲酒量は増えていき、改善されない意欲低下は抑うつ症状を伴って更に精神的ダメージが蓄積される。

出来ればこの時点までに一度専門の心療内科やかかりつけ医に相談して欲しい。これらの精神疾患も初期段階で適切な治療・投薬を行うことで症状が改善するケースが多いのだから。

記事:http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1610/14/news101.html
出典:http://www.itmedia.co.jp/
引用:イッキ飲み強要などのアルコールハラスメントは犯罪です(※1)
http://riskhedgehog.com/alcohol-harassment-is-crime

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio
わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください