お酒を飲むと脳が縮む では休肝日を設ければ大丈夫?

al_2017-0320

アルコールによる脳のダメージは本当に怖い。自分でも自覚できるほどにまったく頭が使えなくなる。つまり考える作業が一切出来なくなるということ。

わたしの場合は思考力の著しい低下に悩まされた。ある人から仕事を依頼されたとする。その仕事の情報を分析して構築しやすい形にしようと一生懸命頭を働かせるが、脳裏に一切のアイディアが沸かなくなる。

わかりやすく例えるとすればパソコンがフリーズした状態、と言えばイメージし易いだろうか?つまり外部からファイル(情報)を読み込んで、アプリケーションを立ち上げようとするのだが、その瞬間にフリーズしているのだ。

または事象を視覚では認識するのだが、それを頭に読み込んでも思考する作業がまったく出来ない。つまりCPU(中央演算処理装置)が全然働かない状態。

いつの頃からか自分の脳力、即ち思考力・判断力・記憶力の一切が、自分でも気が付かないうちにストン!と抜け落ちてしまったような感じだ。

確かにこの頃には毎日の酒量もかなり多くなっていたのだが、でも脳の機能が働かなくなった原因がアルコールにあるとは、自分自身では夢にも思っていなかったから。

そのような状況下で何よりもわたしが恐れていたのが「いつか仕事上で取り返しのつかない大きな失敗をするのではないか?」ということ。顧客から指示があっても記憶力が働かないのだから常にメモを取って対処するしか無い。

そういった指示のみで動く仕事ならメモだけでも対応出来るが、逆に何か提案しなくてはならないプレゼン的な仕事を要求されると本当に行き場が無くなっていた。

これはデザイン的な仕事に移ってからも同じような状況が続く。その頃には脳を使った作業はほとんど出来なくなっていたので、リーフレット・カタログ制作は画像などの素材を小手先だけの加工テクニックでそれなりに誤魔化すことが辛うじて出来ていた。

WEB制作でもCSSのアイディアを他のデザイナーからかなり拝借して、それを製作中のWEBページにオリジナルっぽく微調整しながらアレンジを加えていく。

しかしそれ以上のクオリティを求められると、一切思考することが出来ないのだからボロが出る。非常に不本意だったが当時のわたしにとってはそのレベルが限界だったのだ。

当時、睡眠障害と抑うつ症状改善のために通院していたのだが、ここでアルコール問題が発覚すると「アルコール問題が背景にあったんだね?通りで薬の量を増やしても薬を強くしてもまったく改善の兆しが見えないから、何か隠してるんじゃないかと思ってたんだよ」と流石に叱責されたよ。

また飲酒量や離脱症状の発現の仕方などから「専門病棟に入院して断酒を継続する方法やアルコールが人体に与える害についてちゃんと学んだ方がいい」と強く早期入院を勧められ、そしてわたしの主治医が勤務するアルコール専門病棟へ入院することになった。

アルコール専門病棟にいたのはもう9年も昔になるのだが、退院して以降の約6年間は断酒を継続することが出来た。また非常に面白いもので断酒が続けば続くほど、目に見えて脳の機能が回復していく経過が判るのだ。

当然それまでに痛飲・深酒などで脳に大ダメージを与えてしまっていたから、脳の機能が100%回復することは絶対に有り得ないのだが、それでも85~90%程度までは脳の機能が回復したことを実感することが出来た。

アルコールによる害は主に前頭葉に対して著しくダメージを与える。記事中にも脳が萎縮するとあるが、萎縮だけでなく脳細胞に小さな梗塞をつくりそれが梗塞巣に移行すると脳細胞を死滅させてしまうのだ。

だがわたしも現在は飲酒を再開している。日々なるべく飲酒しないようにと心掛けてはいるが、アルコールとは薬物なので心で止めようとしても身体がアルコールを要求してしまう、この飲酒欲求を強く刺激するのが脳である。

断酒期間を10~20年とどれほど広く開けようが、脳はアルコールを取り込むことで生じる快楽をいつまでも記憶しているので、たった一口の飲酒でも脳が覚醒してしまえばあっという間に依存症状態にまで患者を引き戻してしまう。

わたしは現在でもアルコール依存症の治療のため定期的に通院しているのだが、主治医には飲酒習慣が戻りつつあることを報告している。しかし飲酒頻度や飲酒量などは実態と違う虚偽報告となっているのでね。

本当はちゃんと打ち明けて主治医の指導を受けるべきなのは痛いほど判っているのだが…。

記事:http://style.nikkei.com/article/DGXMZO13914830Q7A310C1000000?channel=DF140920160927
出典:http://healthpress.jp/

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio
わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください