米GE 家電事業、中国企業に売却合意

bu_r2016-0117

GEに限った話しではないが欧米エリート企業の偉いところは、会社が黒字で問題はないのにピークを過ぎたと判断した事業は、例え黒字部門であっても積極的に売却してしまうところ。

逆に日本企業は会社全体が黒字だから赤字部門を何とかしようと立て直しに躍起になるが、手を引くタイミングを誤り気付いたらとんでもない事態を招いていたとか結構多い気がする。

正直、家電製品は性能・付加価値が行き着くところまで行き着いたので、他社との差別化がし難い面がある。特に白物家電なんて利益を得にくく大量に捌いてナンボの世界なので、生産国の企業で大規模集約するしかない。

日本で経済規模の大きいKey industry(基幹産業)とされるのは「製造業」「IT産業」「エネルギー産業」だが、家電もAV部門も駄目、PC・携帯端末も駄目、品質の高い電子部品では細々と残っていけるかもしれない。

自動車産業でも差別化できる機能は自動運転装置、ハイブリッドくらいか。しかし自動運転はIT企業までがこの市場に参入して来て、かなりレベルが高い装置を開発しているし、低燃費は原油安で魅力とはなり難い。

この先の日本を支える産業は何が有るんだろう?

記事:http://mainichi.jp/articles/20160116/k00/00m/020/103000c
出典:http://fortune.com/

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio

わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す