米アルファベット、時価総額でアップル抜きトップに

bu_r2016-0203

Googleの強みは多くのビジネスで広告から収入を得るビジネスモデルを確立したところ。

そして次世代への投資としてドローン、ロボット、人工知能、自動運転なども徐々に成果が見え始めている。

Googleは厳しいネット検閲に加え中国政府からの要請を受け入れることを拒んだため、中国市場から撤退を余儀無くされたがこれが結果的に功を奏した。

中国経済が減速したいま無駄な損失を計上することなく、他分野に有益な投資を行うことが出来たからだ。

Googleはあらゆる将来性のある事業に投資しているから、本当に進むべき未来が見えていたんだと驚愕してしまう。

Appleも確かに増収増益ではあるが、この先なにを売っていくのかそのMain productsが見えない。

企業としての社会的・改革的役割は終えたことで、Googleほどの伸びしろはないと思う。

やはりスティーブ・ジョブズあってのAppleだった。

記事:http://jp.reuters.com/article/alphabet-share-idJPKCN0VA3MP
出典:http://jp.reuters.com/

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio

わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す