ヨーカドーが消えていく─日本の流通業界に何が? チェーンストアはもはや日本では成立しないのか

bu_r2016-0329

結局は地元に密接に根付いていた商店街のビジネスモデルを根底から破壊してきた大型スーパーだが、時代は更に進んでユーザーにより密接したサービスを提供するネットストアにその存在を脅かされたわけ。

いつでもその時代において、ユーザーに最も必要なサービスを提案し提供できる資本を有してる企業によって、新たなビジネススタイルは再編・構築されていくのだ。

家電量販店にも同じことが言えるが、イトーヨーカドーのような町の大型スーパーって、いまの時代には「不必要」の烙印を押されかかってるんだよ。

大型スーパーも早い段階で食料品スーパーやドラッグストアなどに分化させて、それ以外はコンビニエンスストアとネットストアにユーザーを導いていく流れが今後一段と加速すると思う。

そして更に高級志向のユーザー向けである百貨店が、イトーヨーカドーのような大型スーパー以上に深刻な状況下にある。

百貨店の集客が鈍化したのは単純に高い商品が多いからユーザーが敬遠し入らないだけでしょう?

結局は日本人がどんどん貧乏になっているってことの何よりの証明なんだよ。

セブン&アイもいまはフランチャイズオーナーを養分として、ロイヤリティーという名のアコギなほどの上納金を吸い尽くすことで、高い利益率を叩き出しコンビニ部門の純利益を赤字部門のイトーヨーカドーの大型スーパー部門に補填しているのだ。

このフランチャイズオーナーは、企業におけるブラック企業の社畜システムである名ばかり管理職そのものなので、心身ともボロボロにされながら茶殻の残り一滴を絞り出すまで延々と酷使し続けられるのです。

大手ホールディングカンパニーは製品を納入する業者を軽視し過ぎてるのではないか?というスタッフの恨み節も聞こえてきたりしている。

身内とも言えるメーカーに対しても、商品を「扱ってやる」「置いてやる」といった、スーパー担当者の威圧的な態度がすべて「傲慢さ」の現われに過ぎないのだ。

現在は我が家もネットストアで食料品を購入し新鮮な食品を納品してもらっている。

日によってヨーカドーやイオン・西友の商品を見比べて、その日一番新鮮で良さそうな食材を扱っているネットストアで購入している。

こういう言い方もアレだが一度でもネットストアで購入してしまうと、もう実店舗まで行って買い物する気にはまずなれないよなぁ。

記事:http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46429
出典:https://www.youtube.com/

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio
わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください