もうiPhoneを「買い換えない」人激増…アップル、売上2ケタ減地獄突入で成長終了か

bu_2016-0810-a

こればっかりは価値観の違いだからその人によっても捉え方が違うだろうけど、iPhoneってそんなにいいかなぁ?笑

わたしは随分と前に格安スマホと格安SIMに乗り換えてしまったし、いまの使い方でも特に不満も不足もないんだけれど。

個人的にはバカ高いiPhoneを3年間使うより格安スマホを毎年機種変したとしても、かかるコストが同じなら絶対に格安スマホを使うほうが良いと思うんだけどね。

なんつうか、いまのiPhoneって単にブランド料を支払って、ユーザーが使わされてるってイメージが拭えない。

それによく壊れるってイメージがある。冷静に考えればあんな簡単にディスプレイガラスが割れたり壊れたりしちゃダメでしょ?笑

スマホも市場に行き渡ったことで、今では家族全員に持たせる時代になっている。だからiPhoneなど元々の販売価格が高いスマホは家計に合わなくなったわけ。

そしてスマホ市場が熟成されたから格安フリー機など、価格で勝負するスマホも出てきて市場が過当競争に入ったのが最大の要因だろう。

Appleがいまさらブランドイメージを損なってまで、格安スマホ市場に参入するだなんて投資家すら思ってないだろうし。

スマホではiPhoneの現行モデルは最終形態、と呼ばれるくらい完成されている。

これから付加機能などのマイナーチェンジは繰り返すかもしれないがユーザーが最も望んでいるのは「次世代の革新的デバイス」にほかならない。

ただ「Apple Watch」のリリースはお世辞にも成功とは言えない。なんというかスティーブ・ジョブズという天才が居ないだけで、これだけのグローバル企業でも迷走してしまうんだね…。

App Storeは2015年12月21日〜2016年1月3日の2週間でApp Store内での売上が170億ドル(約1300億円)を超えて過去最高を記録したとプレスリリースで発表した。(※1)

iPhone自体から撤退するユーザーが増えなければ、まだまだアプリ収益をもとに現況打開の可能性は残されている。

以前Microsoftが反トラスト法(米国の独占禁止法)への対策のため、ジョブズが一時抜けたため経営が困難な状況に陥ったAppleに対して「見返りを求めない援助」を行うと発表した。

もしAppleが経営危機を持ちこたえることが出来ずに、コンピュータ業界から消え去ってしまえばユーザーは選択肢が無くなり、Microsoftのシェア独占が自動的に進んでしまう。

その結果、反トラスト法を掲げてMicrosoftと対立していた米司法省に付け入る隙を与えてしまうため、その監視をそらすための口実だったとも言われている。

Googleはすでに、IoT(Internet of Things)/IoE(Internet of Everything)の分野ではAppleの遙か先を走っている。いまさら追いかけてもこの分野はGoogleの独占市場となるだろう。

もしかすればIoT分野でGoogleが反トラスト法に問われるようなことが起こったとき、やはりGoogleもAppleに「技術支援」という名目で形だけの投資をして注目をそらすのだろうか。

記事:http://biz-journal.jp/2016/08/post_16118.html
出典:http://www.techtimes.com/
引用:Apple Press Info-App Store、過去最高のホリデーシーズンを記録(※1)
http://www.apple.com/jp/pr/library/2016/01/06Record-Breaking-Holiday-Season-for-the-App-Store.html

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio
わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください