カドカワ、「ニコ動」会員減少が迫る統合効果

bu_2017-0303-a

ニコニコとか観なくなって何年くらい経つかなぁ…?わたしはそれほどニコニコにのめり込まなかったクチかも知れない。

ニコニコ動画とは2006年にドワンゴ(旧ニワンゴ)によって提供された動画共有サービスで、大きな特徴としては配信中の動画にコメントが書き込めたこと。

元々は2ちゃんねるの創始者であるひろゆき氏(西村博之氏)が描いていたアイディアを実装したものなのだが、これが当時としては中々斬新なアイディアだったわけだ。

当時わたしはニコニコ生放送の人気女性生主だった市川さんの大ファンで、市川さんが配信するからわたしもニコ生に出入りし始めたようなものだったくらい。

確か2008~2009年頃のことだったような気がするけど。

まだこの頃は今のように有料会員じゃなくても視聴制限で生配信から弾かれることはなかったし、生主のほうでも色々と趣向を凝らした配信のクオリティも高くて、それなりに見て楽しめるモノも多かったよ。

また当時、辛うじてSNSの体を保っていたmixi(ミクシィ)にも、ニコ生の生主コミュがアチコチに立ち始めた時期がちょうどこの頃だったと記憶する。

そしてわたしのマイミクにも数十人の生主がいたのだが、ある日とある女性生主から「色々とお詳しそうなのでちょっとお願いしたいことがあるんですが…」と突然メッセが来たことがあった。

何のことか意味がわからず内容を確認してみたら「わたしの配信のときに使える弾幕(画面がコメントやアスキーアートなどで埋め尽くされる特定の文字列の羅列を指す)を作って欲しい」という、ちょっと質問でも想定外の回答が戻ってきたのだ。

「いやいやおれそういう職人じゃないからw」とやんわりお断りさせていただいたのだが、まったく手土産を持たさずにお返しするのもアレかと、弾幕の作り方を紹介してるWEBサイト一覧をメッセに添付して返信しました。

弾幕については賛否色々あるのは充分承知しているのだが、わたし的にはやっぱり荒らし行為に見做されると思うのでね。

作品的に素晴らしい弾幕があるのも事実だけど、大抵の場合は他の荒らし行為を誘発する引き鉄でしか無いから。

わたしがニコ動を離れた大きなキッカケはやはり視聴制限が多くなりまともに配信や動画が見れなくなったこと。

当時からドワンゴでは月額500円の有料会員へのシフトを視聴者に促していた、有料会員なら視聴制限もなく安定した環境で配信が見れるとね。

でもわたしは有料会員/月額500円という設定が以前から常々疑問だったよ。

「おまえらのコンテンツに月/500円の価値はねえだろう?」

って疑うこと無く思っていたのでね。

何となく有料会員・無料会員の違いとかその辺のやり取りが異常にウザくなってきたため、まったく躊躇うことも無くニコ動の視聴を一切やめたんだけど、その後に伝え聞くニコ動にまつわる醜聞を聞き及ぶ度に「やっぱりな」って思ったよ。

YouTubeやabemaTVなど強力な競合もあるし、何と言ってもニコニコが駄目だと断罪せざるを得ないのが、他社のコンテンツは無料でありながらも転送速度が早くて画質も比較にすらならないほど良画質だったりするから、もう目も当てられないほどに救いようがない。

そしてよく言われることがスマホ対応への遅れ。スマホで視聴する場合でも動画が広く使える横画面で視聴したいのであれば、有料会員にならないとダメ!みたいな制約の多さ・ケチ臭さ…。なんつうか、サービスがユーザーの方に向いていないんだよねニコニコって。

特にニコ動をスマホから視聴した場合、コメントを書き込んで反映されるまでに30~40秒のタイムラグが生じるために、ニコ動最大の武器であるライブ感がまるっきり活かされていないのだ。

いまは動画サイトもPCではなくスマホ視聴が一番多いわけで、最も使われてるOSって実はAndroidなんだよね。やっぱり時代に即した高品質な視聴環境を供給者側の方が作ろう、という姿勢が見えなければ視聴者はどんどん他所に流出しちゃうよね。

またニコニコ運営が一番大きな勘違いをしているのが超会議など、オフラインでの全く代わり映えのないイベント開催。

ニコニコが誕生し飛ぶ鳥を落とす勢いで視聴者数を伸ばしていった創世記であれば、一般会員を有料会員に転嫁させて大きな収益を挙げるには打って付けのイベだったと思うけど。

そこで挙げた収益をシステムやインフラ整備などで、オンラインの有料会員に還元するような投資が行われていれば、ディープなヲタ層からの支持は高かったのだから、ニコニコがこんなにも早く衰退することは無かったと思うよ。

もしかしたらアジア圏を代表する動画共有サービスとしてニコニコ動画というコンテンツは成功を収めることが出来たのではないか?とまったく思えなくも無いので本当にちょっと悔しさを覚える。

ドワンゴの運営が世間と「ちょっとズレてる」という疑念がわたしの中で確信に変わったのが、昨年11月13日に放送されたNHKスペシャル「終わらない人宮﨑駿」の番組内でのこと。

ドワンゴ川上会長がプレゼンした、人工知能(AI)で制作したという辛うじて人型の体を残したCGが速く移動することを学習させ、人体が頭を足のように使って這い回るグロテスクな動きのCG。

これを観たスタジオジブリの巨匠・宮﨑駿氏は「障害者を侮辱している」「痛みを感じない人達が作ったんでしょう」「極めて不愉快ですよね」と川上氏を始めとするドワンゴ幹部を一喝するシーンが放映(※1)され、話題となったのは記憶に新しい。

引用している動画や記事をご一読いただいて皆さんがどのような感想を持たれるか?これは一方的な非だけをドワンゴ川上氏に押し付ける思惑がある訳ではないのであしからず。

ITmedia 「ニコニコ」プレミアム会員、初の減少 252万人に 「niconico」の有料会員「プレミアム会員」が初めて減少(※2)

この記事が掲載されたとき、わたしはNewsPicksでコメントさせて貰ったのだが、

正直ね、プレミアム会員になるメリットが全くと言っていいほど無い。
カネ払ってる会員ですらビットレートの低い雑な映像で、しかもプツプツ動画が止まったりする。
そしてコンテンツは後追いのサービスとの差別化を図れず、むしろ古臭ささしか印象が無い。
面白いことをやる奴はYouTuberを始めとして他のコンテンツに移ってしまった。
これは決してスマホ対応が遅れたせいだけじゃない。
最初っから上手く行き過ぎてアグラを掻き続けてしまった「慢心」こそがすべてだよ。

これがわたしの想像を遥かに超える137Links(FBのいいね!のようなもの)のご支持をいただいた。

なんというか、たまたまわたしのコメントした時刻が早かっただけの話しで、結局はみんな同じようなことを思っていたんだね。

現在SSL対応もしてない、動画コンテンツは未だにFlash全盛…。これだけで有識者ならニコニコはヤバイと充分に思えるレベル。

なんていうかさ、「人に恥を掻かされた」みたいな事件の回想を、恨めしくブログ(※3)やツイッターで弁解してる暇はないんじゃないの?

記事:http://www.nikkei.com/article/DGXMZO13552630R00C17A3000000/
出典:https://www.youtube.com/
引用:宮崎駿監督、ドワンゴ川上量生に激怒「生命に対する侮辱」(※1)
http://www.excite.co.jp/News/matome/society/M1479104140708/
引用:「ニコニコ」プレミアム会員、初の減少 252万人に(※2)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1702/10/news076.html
引用:めっちゃ怒られているのがテレビで放送されてしまった(※3)
http://anond.hatelabo.jp/20161116152814

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio
わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください