ヤマト、未払い残業代を支給へ=7万人対象、実態調査

ec_2017-0306

大手企業の未払い残業代についてはまずユニクロがやられて、その矛先がどうやらヤマト運輸の方に向いてきたことを察知して先手を打ったのかもしれないが。

同じ流通業者でも佐川急便が駐車違反の身代わり出頭などの件で書類送検されたし宅配業は悪評が重なっていた。

これから人材確保も更に難しくなってくるだろうから企業として法令遵守の姿勢は示しておかなければならない。

でも未払い残業代の該当者がなんと7万人もいて、適正に差額が支給されたとしても1人/100万円以上になるケースもあるらしく、未払い残業代も数百億円規模とも言われているがこれも概算上の数字で、実際に総額がいくらになるかは現在調査中とのこと。

いまは正規・非正規に関わらず、働く人のすべてが労働の解釈や捉え方が変わってきている。

これは終身雇用制度の崩壊で、雇用上の保証が守られなくなっていることに加え、雇用の非正規化が一段と進行したからだ。

こういう例え話にすると少しは分かりやすくなるかもしれない、とある零細企業で従業員への未払い残業代が1000万円あったとする。

ここで経営陣が

「当期みんなが頑張ってくれたおかげで、利益を1000万円残すことが出来た。しかし未払い残業代も同額の1000万円あり、ここですべて支払ってしまうと会社には投資用の資金が残らなくなってしまう。来期ここに投資することで利益は2000万円見込めるのだが、今回未払い残業代を支払うことで来期の利益まで残すことが出来なくなるんだよ。」

と、経営陣が経営状況と今後の見通しについて説明したとして、果たして何人の従業員がこれに応じて未払い分の残業代を諦めるだろうか?

わたしもブラック企業で名ばかり管理職をやっていたときには、年々給与賞与が下がってしまっても「おれたち管理職のやり方が悪いんだ、もっと会社のために頑張らなければ…」と自らを鼓舞していたが、結局賃金は年額-150~200万円減額されたまま遂に元に戻ることも無く、そのままわたしは身体と精神を壊してしまった。

10年間ずっと同じように諭され続けたけど結局は裏切られっ放しだったしね。申し訳ないけど無能経営者の戯言などもう二度と信じることは出来ないっつーの。笑

だから前述した1000万円の未払い残業代について「これを支払うと会社の利益が無くなってしまう」というのなら、それは全面的に経営陣の舵取りの仕方が悪いわけだよ。

そんな口実で未払い残業代を支払わないとするのは絶対に可笑しな話しで、未払い残業代を利益として計上するとか、おまえらには経営者として恥というものが無いのか?

結局儲けにならない仕事を会社で請けて現場に無理難題を押し付けているのは経営陣のおまえらだろ?

その癖テメエ等は会社の経費で高級車は乗り回すが、汗を掻くような仕事は嫌うよな?

そんなことで現場の痛みなどわかるわけないだろうが?

仕事のために時間も身体も擦り減らし、昼食すら取る時間も儘ならず、肉体的・精神的にキツい作業を無理やりやらせておいて、会社に利益が残らなくなるから未払い残業代は支払えないというのなら、そんな無能な経営陣はいますぐ経営から身を引くべきだ。

そして事業運営に係る関連法規を遵守することが出来ない、もしくはハナから守る気がないというのであれば、そんなインチキな商売など辞めてしまえ。

そんなクソ企業は所詮社会悪な存在でしか無いし、ブラック企業に関われば腐ったミカンのように、その毒素が元となって周りのものまですべて腐らせてしまう。

だからこそおまえらの会社はブラック企業との誹りを免れないことを身を以て理解すべきだ。

これはわたしが名ばかり管理職に任命されたとき、ブラック社長から「実は会社で社有車を用意することが出来ない。だから申し訳ないんだけど自家用の車を持ち込んでくれないか?その代わり車検や税金や保険料、燃料代などすべて会社で負担するから」と打診された。

だからそのブラック企業で働いてた期間はなんだかんだで車を4台買い替えたんだけどさ。だけどいつの間にか車検代の話しは立ち消え、自動車税等の負担もしてもらえなくなり、最後には「来月からおまえの車の保険だけど自分で支払ってくれ」とまで言われる始末。

何故打ち切りになるのか明確な説明もないままに、適当過ぎるほどいい加減な言い草をされて流石に腸が煮えくり返るほどの憎悪を感じたが、それ以上にこのクソ会社を辞めたくて辞めたくてどうしようも無かったのだ。

なんつうか、早い話しがあのクソ野郎とは顔も合わせたくないし、口も聞きたくなかったんだよな。笑

そんで辞めるときもおれの車を30万円で買い取るからって言ってたのに、数日したらその舌の根も渇かないうちに25万円に値切ってきやがったしね。笑

あのブラック社長はそれでおれに恩を着せたと思ってるんだろうが、でもおれは自分が使う用途はほとんど無く95%以上業務使用だった、車4台分の損害賠償請求は一切してさせてもらえないのかね?

4台合わせてローンの金利も含めれば500万円以上は自腹切ってるんだけどさ?

まさかこんなことになるんだったら自家用車を業務で使用すると打診された時点で、手書き・拇印でもいいから覚書のひとつでも取っておくべきだったよな。ホント大失敗だったよ。

取り合えず知り合いの弁護士に、業務上の経費の扱い方が不法行為にあたるとして、遡及して今からでも損害賠償請求できるかどうか相談してみようかね?

結局さ、最初っからこういういい加減な取り決めでやってる会社ってのは、いくら社規模が大きくなったとしてもコンプライアンスの概念って欠片すら持ち合わせていないよな。

法令遵守より自分たちの都合が最優先するんだから。まだわからないように隠蔽しようとするならまだしも、あいつら開き直って堂々と法令違反してるから。

本当に根性が汚え確信犯のクズなんだよ。

だからわたしはどの経営者に対しても、辛辣な目線でしか見れなくなっているのだろうね。笑

記事:http://www.jiji.com/jc/article?k=2017030400380&g=eco
出典:http://simplog.jp/

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio
わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.