視点:賃金上昇は目前、労働代替投資を急げ=フェルドマン氏

em_2016-0103-b

「賃金4.7%上昇」というと現実感の無い数値だが、未だ燻り続ける経済を活性化させるには、失業率を改善し賃金を上昇させ市場を大きく活性化させなければ、現在の社会保障制度が維持出来ないほど日本は疲弊している。

政府・日銀は企業に設備投資を促すが、大手企業と中小零細企業の格差は益々大きくなるばかり。

人手不足と賃金上昇を追えない中小零細企業はまもなく市場からも退出させられてしまうのだろうか?

記事:http://jp.reuters.com/article/view-robert-feldman-idJPKBN0U80RP20151228
出典:http://www.jnpc.or.jp/

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio

わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す