「正社員の給料が下がる?」同一労働同一賃金の法制化に、不安の声

em_r2016-0213

この同一労働同一賃金の次は解雇規制の緩和に流れるだろうね。

中小零細企業は法規でここまで外堀を埋められてしまうと、末端正社員ですら雇用し続けることが困難になるだろうし。

一握りの実質管理職であるメンバーシップ型正社員以外は、正社員・パートアルバイト・派遣労働者のすべてがジョブ型雇用に統一されるんじゃないかな?

残念だが賃金は下級ジョブ職のほうが標準賃金になるだろうから、他の雇用形態の人より多少賃金が高かった正社員も賃下げを覚悟するしか無いだろう。

おそらく賞与も以前と同じように支給されるとは到底思えないから、寸志程度もしくは賞与なしになってしまうかも。

しかしこうすることで、職務も労働時間も勤務場所も無限定のメンバーシップ型正社員(管理職)にすべて負担が集約してしまう。

メンバーシップ型正社員への過多な職務依存こそが、ブラック企業が蔓延する最大の要因ではないのか?

記事:http://irorio.jp/nagasawamaki/20160212/300598/
出典:https://news.careerconnection.jp/

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio

わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す