消滅してしまう有給休暇「休めないなら、せめて買い取って」そんな願いはかなうのか?

em_r2016-0411

「有給休暇は労働者の権利」

意外とこれをわかってない人が多い。

ただこういうご時世だから余程の大手じゃない限り、有給休暇を計画的に消化出来ている人はいないだろうけど。

わたしが勤めていた零細ブラック企業は、有給休暇が繰越分を含め「最大20日間」までしかストック出来なかったんだわ。

つまり有給休暇20日間を超えた日数に関しては全部カットされてたわけだ。

当時わたしは総務を担当していてそのブラック企業の就業規則なども作成したんだが、有給休暇の次年度繰越分を含めた日数を「最大20日間」と明記してても、当時の労働基準監督署は何も言ってこなかった。

ただこの解釈の仕方はどうやら間違いだったみたい、調べてみてわかったんだけど。やっぱり時効期間を含む繰越分を「40日間」って定めてないとダメなんだね。

っていうかさ、一歩譲って有給休暇が消滅するのは仕方ないとしても、このご時世に有給休暇のストックを最大20日間しか会社が認めてないってどういうことよ?

ブラック勤務してた当時から思っていたことだが、会社の休暇に対する理解の無さ、そしてケチ臭さが本当に情けなかった。

そしてこれはわたしが関わっていたことでは無いのだが、パート従業員が有給休暇を使って休み過ぎるので、変わりにフォローするスタッフが足りなくなることが問題となった。

その対策として社内文書で「業務管理体制維持のため、当該年度は如何なる休暇申請も認めません。」ってすべてのパート従業員の自宅に送付したことがあったらしい。

つか、これ完全にアウトなんだわ。笑

有給休暇はあくまでも「労働者の権利」な訳だから、会社側がこの権利行使を一切認めないってのは違法になる。ましてや書面でご丁寧に証拠まで残しているとかね。笑

これを聞いたときさすがに失笑したわ。パートさんもよく労基署に駆け込まなかったよな。それだけでもブラック企業さん、アンタら運がいいよ。笑

来年度からは「有給休暇の年5日間消化義務(※1)」が会社側に求められる。この目安日数は「5日間」ということだが、有給休暇指定日は労働者と話し合い別の日を指定することは可能だが、休暇を与えないことは違法となる。

こうした法規の改定で会社側がガンジガラメにされてしまうなら、いっそのこと有給休暇の「買い取り」に関する規則を定めて残日数を買い取っちゃうほうが賢い選択なのかもよ?

記事:https://www.bengo4.com/c_5/c_1624/c_1664/n_4506/
出典:http://hagent.jp/
引用:年「5日」の有休消化義務で、働き方はどう変わるか(※1)
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO87035120Q5A520C1000000?channel=DF130120166018&style=1

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio

わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す