退社から出社まで一定時間確保 インターバル制導入機運

em_2017-0113

近年ブラック労働を規制する制度というのがもの凄く多くてね。

この一連の流れが加速したのはやっぱり電通の過労自殺の件だったのではないかな?

電通の件では直属の上司が書類送検されて「あの世界的な大企業の電通にさえ厚生労働省が斬り込んだ!」などなかなかにドラスティックな展開を見せた。

でも裏を返せば過労自殺に繋がりかねない熾烈な過重労働は、中小零細だけでなく大企業にも存在するってことが明らかになったよな。

そしてここに来てインターバル制度の導入ということが急にクローズアップされた。

これはEU圏では当たり前の制度で、1993年に制定されたEU労働時間指令によって24時間につき最低連続11時間の休息時間が企業に義務化(※1)されている。

KDDIやNEC、三井住友信託銀行など一部の大企業では既に取り入れてる企業もあり、今回は中小零細企業まで含めた全産業で法制化したい厚労省の腹積もりなのだろう。

でも折角導入したところでこのインターバルの休息時間が短すぎても意味ないわけでね。

記事で取り上げられてるユニ・チャームでも今年からインターバル制度を導入するが、設定されている休息時間が8時間。

ちなみにユニ・チャームでは22時以降の残業は禁止している。

この22時を起点として休息時間が8時間ならば、翌朝6時に早朝出勤することで規則違反に抵触しないで済む。

でもこんな規定だったら初めからやる意味無いんじゃねーの?ってツッコミたくなるわな。

運送業では以前からインターバル制度が取り入れられており、現行では8時間の休息時間を設けなければならない。

これが遵守されているかどうかは不明だとしても、他の産業でもインターバル制度導入を検討せざるを得ないほどに、労働基準法というのは無効化されてるんだよね。

多くの大企業でこのインターバル制度を導入するのであれば、裁量労働制とフレックスタイム制へと移行することにより、ほとんどの企業で対応することが可能なようだが、働き方が更に多岐に渡る中小零細企業ではどうなんだろうね。

EU圏の企業のようにインターバル制度で11時間の休息時間を確保しなければならなくなるのなら、始業時間を設定していても事実上撤廃されるようなものでしょ?

このような勤務体系になると、すべての会議・打ち合わせなどは限られたコアタイム内で済まさなければならないので、ある意味では非常に効率的な制度かもしれん。

良い仕事をしてもらうために企業が念頭に取り入れなければならないのが仕事の効率化意義のある休息のふたつ。

つまり適度なインターバルを会社側が積極的に取り入れて、社員の精神的・身体的負担を軽減することで、業務の効率化へと繋げることが本来の目的なわけですよ。

ただダラダラと目の前にある仕事だけをやらなくてはならない。中小零細企業では不必要な仕事を効率化することが出来ず、やっている仕事が既に無意味となっているものも実はかなりの数がある。

これは社員が仕事を「やらされている」という感覚でいるために、目の前にある仕事を「ただこなすだけ」で終わっていることが非常に多いからだ。

でもこのインターバル制度を事業活動にうまく取り入れることが出来れば、いままでひたすら仕事に追われて余裕のなかった社員にも、本来必要な業務や不必要になっている作業を自ら判断する心のゆとりが生まれるかもしれない。

こうした選別の積み重ねが加速度的に業務を効率化していくのだ。

ちょっと待って!貴方がいましているそのおシゴト、それは今じゃなきゃ出来ないものなのかな?

記事:http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ11HRL_R10C17A1MM8000/
出典:http://www.humantrust.co.jp/
引用:もろ手挙げて賛成とはいかぬ 「勤務間インターバル」どこがまずい?(※1)
http://www.j-cast.com/kaisha/2016/05/20266889.html

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio
わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください