コンシェルジュの40代女逮捕 福山雅治さん宅侵入容疑 警視庁

en_2016-0522-a

「コンシェルジュ」と言えば聞こえは良いが、所詮マンションの管理人となんら変わらない。

従事するのは比較的底辺層が多く、人質が悪いから当然このようなトラブルも頻繁に起きる。

高級マンションのコンシェルジュといっても実態は下請け業者の派遣・パートがほとんど。

時給千数百円で募集してるレベルで、物件のグレードに合わせた人選なんてしていないだろう。

本来のサービス内容を考えれば、徹底した教育を受け素性のハッキリとしたフロントマンが対応すべき仕事で、非正規に任せる仕事ではない。

しかしいまの日本では至るところでこうしたことがまかり通っている。

いまは高級とか一流とかの人が与えた評価はまるで信用できない。

天下の帝国ホテルですら一部サービスを外注業者に委託していて、且つその業者のスタッフが職務上の守秘義務(※1)を守れていないのだ。

一流だから使っている業者も一流ということは決して無く、最終的にはそのような業者を選定してしまった帝国ホテル側に、コンプライアンスの欠如があったと断罪せざるを得ない。

知恵のある人が他社との差別化を図って新しいサービスを考案する。

しかし様々な利権が複雑に絡み合い、企業を経由する度に管理費という名のマージンを搾取して、最終的に請ける会社は最低賃金程度の人件費しか捻出できない厳しい数字での運営を迫られる。

当然そんな賃金しか出せないのに優秀な人材など来るわけがないのだ。

スペックが低い人材でも雇用せざるを得ないうえに、下請けだってまともにサービス・マナーに関する教育を施すことをしない。

下請側では採算が合わない案件でも、その後の発注元との取引を考えると請けざるを得ない状況にあるのはわかる。

つまりこのようなサービスでは、いつ何時トラブルが起こっても何らおかしくはないということ。

しかし結果的にヒューマンエラーによるトラブルが発生してしまえば、そのような受注価格で責任の持てない仕事を請けてしまう企業が一番悪質なのだ。

このマンションの管理会社も相当ヤバい。

利便性の良い立地・品質の高いサービス・万全のセキュリティが売りの超高級マンションに、毎月バカ高い管理費を支払ってまで居住者は「安心」を買っているというのに、その関係スタッフがこんな事件を起こしてしまってはもはや言い訳のしようもないだろう。

マンション問題は施工データの改竄や手抜き工事のような表面的なことだけじゃない。

引渡し後も管理会社の積立金使い込みや不正会計、清掃会社が雇った清掃員のゴミ漁りや業務上知り得た居住者の個人情報漏洩など実は問題が山積してる。

いずれもマンション居住者には情報が言葉巧みに操作され真実が伝わることはない。

しかし本当に任せっきりではなく、管理組合や善意の第三者が抜き打ちで実態調査すべきなのだ。

それほどに管理会社と清掃会社がやっていることはメチャクチャで酷いものだよ。

不幸中の幸いといっては何だが吹石さんが無事で本当によかった。

もしこの犯人がナイフなどの凶器を持っており悪意を抱いて不法侵入していたとしたら、無防備な吹石さんの身に何が遭ってもおかしくなかった。

過剰すぎるほどのサービスを提供しようとすればするほど実は品質低下を招いている。この構造的な問題や法外なまでの低価格化が招く異常事態…。

日本はもう終わっている。

記事:http://www.sankei.com/affairs/news/160522/afr1605220009-n1.html
出典:http://matome.naver.jp/
引用:「芸能人がいた」 帝国ホテル、業務委託先従業員の不適切ツイートを謝罪(※1)
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1605/20/news085.html

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio
わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください