グラドルDVDになぜか男性の局部 大騒ぎの末、アマゾンランキング1位に

en_2016-0702-a

まさかこの騒動がこういった超展開の結末を迎えるとは…。一体誰が予想出来ただろうか…。

まずスゴいと思ったのは編集工程ですら気付かなかった、浴槽に浸かっている滝沢乃南の左斜め後方で、わずか1秒足らずミラーに映ったカメラマンの姿を「全裸」と見破った人。

そのシーンのgifアニメを見たんだけど、本当に一瞬の出来事で意識的にそちらを見なければ、まず気が付かないだろう。

ネット民の間では人気声優新田○海が10年前に出演したAVを暴くなど、世間をお騒がせするニュースを週刊文春の記者並みに事件を嗅ぎ当てる、通称「AVソムリエ」の分析・検証能力の高さにはいつも驚かされる。

しかし滝沢乃南サイドの反応は早かった。翌日には公式ブログで事の顛末と今後の展開について言及したのだが、その内容が我々の想像の遥か斜め上をいく「究極のヲチ」だったのでネット民は唖然・呆然…。そして掲示板はワロタwの雨アラレが溢れかえる「祭り」となったのだ。

まさか滝沢乃南が入籍していて撮影していたカメラマンは「入籍した相手」だったとか、そして滝沢乃南はブログで多くのグラドル・関係者たちに多大な迷惑をかけた責任を取り突如「引退宣言」(※1)するという…。このストーリーの着地点が「そこ」になるとは思わなんだ。笑

わたしの知人アマチュアカメラマンはこういった狭い個室での撮影時はカメラマンの自分も脱ぐことで、モデルの気持ちをリラックスさせる手法はよくあることらしい。

その上でモデルの意識を高揚させ、撮影に更に集中させるためにモデルを褒め千切るのだ。そうするとモデルも気持ちが高まり撮影に集中していき、どんどん際どい接写も可能になるらしい。

撮影が終わるころにはモデルは褒められ続けて、精神的にも肉体的にもマインドコントロールされているので、そのまま行為に及ぶケースはかなり多いのだと聞いたことがある。

グラビア業界全体へのダメージを最小限に抑えるために、業界関係者から「入籍してた」ことにする設定で台本を書かさせられたんだろう。そしてひとまず事態を収束させる。

この件でグラドルとカメラマンとの関係性に誤解を与えたままでは、グラビア業界への風評被害が拡大するだけだし、他のグラドルへ飛び火して疑惑の目や批判がすさまじい事になるだろうから。

しかしいきなり「引退」とかって、もうこの業界で仕事出来ないって話しになっちゃったんだろうなぁ。同業のタレント・プロダクションからの反発が相当凄かったんだろうねぇ…。

ソースにもある通り、この滝沢乃南のDVD「ありがとね」は、販売開始後6ヶ月以上が経過しているにも関わらず、Amazonであっという間に今週の売れ筋第1位となるくらい爆買いされることに。ネット民の注目も高くこのままでは済まされない祭りの予感を誰もが感じていたのだが…。

疑惑発覚の翌日、滝沢乃南は公式ブログを更新し「引退」を宣言。それに呼応するように制作会社は公式HPを更新して「『滝沢乃南/ありがとね』の映像不備に関しましてのご案内」(※2)をアップし、購入者へ当該商品の回収・交換を呼びかける事態に発展。

Amazonなどのネットストアでの販売も急遽中止となる。その結果、転売厨が湧き上がりヤフオク!などオークションサイトに本作DVDが多数出品され、現在落札価格が10000円台まで高騰している。

事の真否は不明だが、この事態を治める収束方法のブックを書いたのは、滝沢乃南に近いプロダクションの人なのか?

まずこういうのってプロダクションが謝罪するものなのに、グラドルが真っ先に「責任取って即引退」って粛清されるのはよくよく考えれば異様な話しだよな。

そしてこのブログが更新されたと同時にDVDの販売を中止、制作会社は購入者に対して自主返品を求める泥沼の事態…。

今年だけでも声優新田○海などのケースもあったが、この業界の闇は恐ろしく暗く、そして想像以上に深い…。

en_2016-0702-b

記事:http://www.j-cast.com/2016/07/01271361.html
出典:http://www.dmm.com/(※画像上)
出典:http://www.guild-p.com/(※画像下)
引用:皆様へ 滝沢乃南 オフィシャルブログ「不器用で身勝手なdiary」(※1)
http://ameblo.jp/nonami-takizawa/entry-12176336249.html
引用:GUILD-129「滝沢乃南/ありがとね」の映像不備に関しましてのご案内(※2)
http://www.guild-p.com/info/index.html

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio
わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す