首相が消費増税再延期の方針、財務相や公明党と会談へ=関係筋

go_2016-0527

増税延期は皆さん想定済みだったのでは?ただその言い分が「世界経済がリーマン危機直前に匹敵する」と宣うとは…。笑

確かに世界的には不況なんだろうけどリーマンショック直後ほどの深刻な状況ではなく、今回G7サミットの参加国の中では日本だけが飛び抜けた経済危機なんだが?

この発言を聞いて独メルケル首相はいち早く反応し不快感を露わにしてたからね。

今回のG7参加国だと日本だけが2年後にマイナス成長に陥るらしい。流石にメルケル首相も同列に語られたくなかったんだろう。

でも安倍首相はいつリーマン級の危機を認識したのかね?大本営発表では、ついこの間まで「景気は緩やかに回復している」はずだったんだが?笑

アベノミクスで日本経済は破壊されると識者は啓蒙していたが、G7の比較見たらGDP政府債務がイタリアよりも悪い異常な数値だった。

クルーグマンの言うとおり8%の消費増税がそもそも失敗だったし、当時から世界中のエコノミストが「根拠なし」と日本の増税に反対していた。

しかし安倍首相が増税失敗を認めないから、前回の消費増税もアベノミクスに内包されていたことに事実をすり替えられ、既成事実化されている。

金融政策は一定の評価はできるものの、結果として企業は銀行から融資を受けようしない。

つまり銀行にそのまま資金が止まっている状況を長年放置しているようでは「アベノミクス失敗」と酷評されても仕方ない。

事実アベノミクス以降、微増ながら賃金が上昇しているとのデータはあるが、日常生活において賃金上昇の実感は、まったくと言っていいほど感じられないのだ。

つまり株価だけが上がって経済は回復していないということが図らずも証明されてしまった。

増税再延期なら財源確保はどうする気なのだろうか?増税を前提として予算編成した政策はすべて延期もしくは中止となるだろう。

と言いながらどうせ増税したって大企業の特例減税と公務員の給与・賃金に消えてしまうのだから、人のためにもならない用途なら財源確保なんかしなくたっていい。

増税なら社会保障などに補填するのが当たり前なのに、一部の身内企業と公務員の私利私欲のためだけに国民の血税を使って欲しくなんかない。

これ以上国民から税金を毟り取れないとようやく気が付いたのなら、この次はパナマのような租税回避地に企業や富裕層が隠蔽している資産にメスを入れてみてはどうかね?

タックスヘイブンを黙殺するから所得税率や法人税率の引き下げを余儀なくされるのであって、それらにキチンと課税出来れば消費税を上げる必要もないくらいの莫大な隠し資産が眠っている。

これらオフショアの資金や法人税・所得税の累進課税の徴収税額を上げる、替わりに労働所得は大幅減税すれば、日本経済は一気に回復出来るかもしれない。

先ずはタックスヘイブンに係わる租税回避問題を国際法に則り解決を図ることが大前提である。これら諸問題が解決しない限り、消費増税は国民の理解を得られるわけはないだろう。

記事:http://jp.reuters.com/article/abe-tax-idJPKCN0YI04R
出典:http://jp.reuters.com/

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio

わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す