厚生年金の加入逃れ防止 厚労省など、企業への指導強化

go_2017-0608

厚生年金加入逃れ防止のために、国税庁が有する源泉徴収の企業データを提供という情報の共有化についての取り組みはすごく良いと思うよ。

裏を返せば社保庁も年金機構の仕事が如何にザルだったかということに他ならない、関係各位には心の底から猛省を促したい。

本来であればマイナンバー制度がこれらの中核を担ってないとならないはずなのにね。

マイナンバーをショッピングポイントサービスと紐付けするとかそんなのどうでもいいからさ?ちゃんと仕事してくれよな…。

源泉徴収の提供データが毎月年金機構に回る仕組みを作られたら、企業側だってさすがに言い訳できないわな。

企業側としてもこれ以上折半の保険料負担を増やしたくなければ、週/20時間未満・月額8万8千円未満で収まるように対象者の労働条件を見直すしか無い。

しかし企業によっては規定に抵触しない条件で雇用の分散化を図ろうとしても、その仕事が労働強度の激しい業務だったり、就業地によってはいくら募集をかけたところで反響がまったくない地域もあるから、すべてのケースで分散化すれば良いってものでもない。

分散しても他の経費が保険料以上にかかってしまうのであれば、むしろ費用対効果が悪くなる訳だから、一概にその方法が正しいとは言えないわけだ。

「保険料高すぎる、なんでそもそも会社が保険料を折半しなければならないのか?全額労働者負担にすれば徴収漏れもないし加入率だって一気に増える。」

経営者視点から本気でこれを宣って憚らない、無能経営者がいるのも事実だから驚愕する。

つかね?最初っから決められているとおりに企業が保険料を適切に支払えば、始めから不公平感がある訳ないんだよ?

要はセコい真似して保険料を誤魔化そうと小細工をしてまで、社会的責任を果たす自覚のない無能経営者がいるから、真面目に支払ってる企業が一方的にバカを見てるわけだよ。

つまり保険料の支払いから逃れようと賃金台帳まで改竄しちゃうようなインチキブラック企業の経営者が言ってること。そんなもん自分達に都合の良いことでしか物事を考えない一方的な詭弁に過ぎない。

今の社保庁の規定では週20時間以上/月88000円以上のパートでも社保加入義務(※1)がある。

これは時限的措置もあり現状で適用されるのは、社保加入が501人以上いる企業・事業所のみとなっている。500人以下の企業で週20時間の契約で雇用されているパートが社保に加入するためには、その事業所に在籍する社保加入従業員の半数以上から同意を得ることが必要となっている。

前述の時限的措置とは

「平成31年9月30日までに検討を加え、その結果に基づき必要な措置を講ずる」

とされ、現状ではあくまでも「推移を見守る」という濁した表現に抑えているのだが…。

しかし平成31年10月以降から、従業員500人以下の事業所でも強制的に適用される可能性もまた捨てきれないだろう。

ただ逆に言えば、現在従業員が500人未満の企業に在籍していて、その会社が社保年金の加入逃れをしているような企業だった場合、その従業員が社保に入りたいと思っていても一方的に労働時間を短縮されて適用外にされるなど、加入逃れ対策をされることも往々にしてあるだろう。

こうなってしまうと社保年金に加入したいパートタイマーでも、この加入逃れによる適用外によって加入に対するハードルが逆に高くなってしまっているのが現状だと思う。

ならば現時点で週20時間労働でも社保に加入したいという非正規パートをお考えの方がいるのならば、最初っから従業員が501人以上在籍する社保年金の適用事業所に入社する方がいいだろう。

これは厚生年金保険・健康保険 適用事業所検索という年金機構のデータベース(※2)だが、事業所名称・事業所所在地・法人番号など必要な項目を入力すれば、その企業が適用拡大の事業所に該当するかどうかを調べられる。

自分の力を貸して身を預けるのならばそれがたとえ非正規のパートタイマーだろうが、その企業が必要な案件についてキチンを法令遵守しているかどうか事前に企業を徹底調査して、信頼に足らないブラック企業は率先して間引いていく冷静さもこれからは必要となるだろう。

記事:http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF02H1B_X00C17A6EE8000/
出典:http://manetatsu.com/
引用:平成28年10月から厚生年金保険・健康保険の加入対象が広がっています!(社会保険の適用拡大)|厚生労働省(※1)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/2810tekiyoukakudai/
引用:厚生年金保険・健康保険 適用事業所検索 | 日本年金機構(※2)
https://www.nenkin.go.jp/do/search_section/index1.html

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio

わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す