三井物産 初の最終赤字700億円 今期、資源価格下落受け

ma_r2016-0323

日本を代表する名門商社ですらこれだ。今回は海外で出資してる資源ビジネス事業の資源価格が下落したのだが、商社系は資源部門が軒並み足を引っ張ってるから仕方のない面も多々あるが。

しかし名門でも大手でも今年は決算が悪くなってる。三井物産だけじゃなくこれから次々と下方修正する企業のラッシュになるのでは?特に製造業はかなり多いんじゃないか?

今年でこれなら来年なんか益々ヤバイ。特に大手の下請け・孫請けあたりの中小零細企業は、ホンキで腹決めてかからないとダメだよ。

日本経済はGDPが縮小しているにもかかわらず、逆に就業者は増加しているという「ズレ」が見られる。

これは企業が正規から非正規へ雇用のシフトチェンジを加速させたから「GDPへの貢献が小さい就業者が増えた」ことが最大の原因なのだ。

就業者数は継続的に増えているが、人件費抑制のため短時間パートタイマーが増えるなど、生産性の低い雇用形態などが原因でGDPを押し上げることが出来ないのである。

いま必要なのは法人税減税で恩恵を受けた大企業の内部留保資金を増税で吐き出させ、企業の設備投資及び賃上げを促して個人消費を冷え込ませる消費税増税を凍結、または減税すること。

結局のところ、日本経済回復させるには「内需拡大」しなければならないのだから、市場に資金がスムーズに廻るよう財政健全化を推し進めていくしかない。

記事:http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL23HJY_T20C16A3000000/
出典:http://jp.wsj.com/

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio

わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す