ツタヤのレジ、タイトル確認で客に恥かかせるあの行為、「やめて」とお願いしてみると…

ne_r2016-0219-a

そういえばいつしかレンタルビデオ店なんて行かなくなったなぁ…。

最期に借りに行ったのはいつ頃だろう…?多分10年とかそのくらいの期間になるだろう。

わたしは基本メンドクサがり屋なのでビデオ屋に行って借り、またそれをビデオ屋に行って返す。

…というシステムそのものがもの凄く精神的に負担となり且つ苦手なのだ。

なのでインターネット動画配信サービスが普及するうちに、観たい作品はネット動画で鑑賞する。というスタイルにいつの間にか変わっていた。

それでもわたしは長時間ずっとモニタだけを見続けることが、昔から大の苦手だったので実はあまり映画を観たことがないのだが。

大袈裟に言えばレンタル商品のタイトルだって、ひとつの個人情報とも受け取れる。

やっぱり個人的な嗜好が作品にハッキリ現れるので、後ろの客にタイトルを見られることで、ちょっと気恥ずかしい思いをしたことも正直言えばある。

この辺りの実店舗としての対応は、スタッフを一同に集めOJTを繰り返し行うことで、周知徹底を図っていくしかない。

そしてやや時代錯誤的な実店舗運営というサービスが、この現代において果たして必要な営業形態なのか?

…という根底からの疑問も昇華されること無く、わたしの中に燻ったまま残るんだな。

記事:http://biz-journal.jp/2016/02/post_13868.html
出典:http://www.e-aidem.com/

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio
わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください