「スマホゲームのガチャに2年間で150万円使いました」上限なきガチャ中毒者たちの実態をのぞいたらまじでやばいことになってた

ne_r2016-0501-a

わたしもソシャゲ創成期にチョコっとガチャにハマったことがあるから、この気持ちもまったく理解出来ないわけではない。

パチンコとかもそうだけど射幸心を煽ると、人間っていうのは思いっ切りハマってしまう。やっぱり満たされない日常から解き放たれる何かがあるのかも。

ちなみにわたしがやっていたそのゲームでもちょっと異常な課金の仕方、いわゆる廃課金ゲーマーがいた。

明らかに普通のプレイ内容では無かったし同じような疑問を持っていたソシャゲ仲間がちょっとそいつにカマかけたら、ここまでの課金額は「田舎で新築マンションが買える額」だったらしい。

それだけ課金しても人に迷惑をかけず生活することが出来てるんなら後は本人の自由なんだけどさ、やっぱりちょっとそのプレイスタイルは常人と比べて違和感があったな。

結局そのソシャゲもイベントが始まる度にゲームバランスがおかしくなり、遂には運営会社が迷走し始めて結局3年目を迎えたところでサービスを強制終了させてしまった。

終わってみればただのゲームデータにマンションが買える額をツッコんで、3年間だけプレイした仲間内で優越感に浸っていただけなのだ。

そう考えると射幸心を必要以上に煽るガチャの廃課金はやっぱり真っ当な商売とは考えにくい。

ちなみにスマホゲーでもあのドラクエ10ではこんなアイテムを300円で売っている。↓

ne_r2016-0501-b

「・」←口元にホクロのような黒い点があるのをお分かりになるだろうか?ただこれだけのグラフィックデータがなんと300円もするのである。

スマホゲーだけじゃなく日本のゲーム業界が完全にトチ狂っている何よりの証拠だ。

日本経済が低迷期に入ったといわれて久しいが、こういう常識を逸脱した廃課金を見てしまうと「本当に不況なのか?」とつい勘繰りたくなる。(※1)

でもこの廃課金も経済を活性化させるために資金が回るか?といえばスマホゲーム運営会社は新たなゲーム開発の開発費・人件費などに充当されるだけである。

つまりその業界でのみ利益還元されてるだけなので日本経済に影響を及ぼすことはほとんどないのだ。

しかしスマホゲー市場もあくまで一過性のブームに過ぎないだろうし、このブームに陰りが見え始める前に次なる市場にユーザーを誘導することが出来るかだ。

このブームに家庭用ゲーム機大手の任天堂は完全に乗り損ねてしまったし、市場のトレンドを読み切るのは本当に難しいよなぁ。

記事:http://otapol.jp/2016/04/post-6272_entry.html
出典:https://plus.google.com/(※画像上)
出典:http://hiroba.dqx.jp/sc/(※画像下)
引用:【大手ゲーム決算まとめ】6社中5社が営業増益 バンナム・コナミ・スクエニの好調目立つ スマホゲームが成長のカギ 異色は家庭用ゲーム好調のコーエーテクモ(※1)
http://gamebiz.jp/?p=144111

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio

わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す