東日本大震災6年、各地で祈り 約12万3千人が依然避難生活

ne_2017-0311

この震災で被災された方々のご冥福をお祈り申し上げます。また現在も避難生活を余儀なくされている方々に、心よりお見舞い申し上げます。

あの東日本大震災から6年、未だ12万3千人が避難生活を送られていることを知り、改めてこの大震災が残した深い爪痕が心に響く思いです。

戦後最悪の自然災害となった東日本大震災における犠牲者は死者1万5893人、そして行方不明者が2553人といまなお消息を絶たれた方々がおられることにいまも胸が痛みます。

被災された方々への応急仮設住宅の供与期間については平成29年3月末で終了の予定でしたが、被災時の状況等により個別に特定延長の特例措置(※1)もあるようですので、最寄りの役所にてご確認くださいませ。

この震災で思い知らされた自然の脅威を決して忘れることなく、被災者の経験を後世まで伝えなければならないし、その使命はとても重要なことだと思います。

まだまだ被災者の方々に充分な支援が行き届いてるとはとても言えない状況ですが、それでも一歩一歩着実に復興への足掛かりは築けているものと信じたい…。

記事:http://www.sankei.com/photo/story/news/170311/sty1703110008-n1.html
出典:http://mainichi.jp/
引用:東日本大震災に係る応急仮設住宅の供与期間の延長(特定延長)について – 福島県ホームページ(※1)
http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16055b/fukushimaken-tokuteientyo.html

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio
わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください