避妊を教えた教師がクビに 日本の“性教育”現場にSHELLYら驚愕

ne_2017-0408

なんというか、これが性教育の一翼を担ってる教育現場の実情だとは…。開いた口が塞がらない。

避妊は勿論だけど、女性の妊娠には適齢期があるということも教えるべきだし、これは少子化にあえぐ日本社会においてとても重要なことでしょう?

これらに関する教育を放棄してるのに「やれ少子化だ」とか「人手不足の解消には女性の社会進出が必要」とかバカじゃねえの?

っていうか、なんで「セックス」ってワードを使ってはいけないの?これは世界共通のものではないの?それに避妊の方法も教えることが出来ないとか、ちょっとおかしいんじゃない?

それは「避妊をしろ」と教えると「避妊すればセックスしても良い」と生徒が捉えるから。

いやいやいや、問題の本質はそこじゃないはずだよ。性教育として伝えるべき知識を教えることが出来なくなったから中絶や性病が蔓延してるんでしょう?

梅毒が流行してるのってこういうところに原因があるはずだよ。海外の学校では当たり前のようにコンドームの必要性などを教えているのにね。

堕胎は悪か?と言えばすべてがのケースで当て嵌まるわけではないが、ただ一つわたしの認識の中で言うのなら堕胎=殺人だと思う。

だからこそキチンとした性教育を男女同じレベルで教えていかなければ10代の妊娠や中絶、性病なんかが減るわけが無いだろう。

10代のうちはセックス=悪いことという世間の風潮が性教育の在り方を難しくしているのだろう。性行為は悪いわけでは無いしもちろん避妊だってとても大切なこと。

だからこそその先に待ち受ける悲劇についても生徒たちが想定出来るよう教育しなければダメでしょう?10代のセックスがどうのこうのではなく、お互いにパートナーのことを第一に思いやればその先に潜む悲劇に遭遇するリスクを減らせるはずなのに。

特に女子生徒は無防備なセックスによって望まない妊娠をして、中絶手術をすることがどれだけ自分の身体と精神を傷付けることか…。本当にもっと自分自身のことを大切にしてほしい。

「パートナーに嫌われるから『避妊して』と言い出せない」って女子生徒の話しも何度か耳にしたことがあるけど、本当の意味でパートナーなら「避妊してほしい」ってたった一言伝えることで嫌われてしまうというのは到底有り得ないことだよ。

また中絶経験のある女性教師が同じ過ちを繰り返してほしくないと自分の体験を元に生徒に避妊の大切さを伝えたところ、その件が生徒の親に知れ渡りPTAに通報され、その後どういう経路を辿ったか定かではないが結果的に退職に追い込まれてしまったという。

中絶経験のある教師に我が子を預けたくない親御さんの気持ちもわかる。

例えば自分の話ではなく第三者の経験談として生徒に伝えるべきだった。

という声もあるようだが、それは結局自分がこの件について責任を負いたくないってことでしょ?

性教育について問題の張本人になりたくないから、嫌なものは他人に押し付けあってしまう。だから生徒は正しい性知識を学ぶことも出来ないし、望まない妊娠という結果を招く。

子供たちだって正しい知識を知りたくても誰も教えてくれないから、性についての知識をネットで検索したりするが、運が悪いとネットの偽情報に踊らされてしまったり。

アダルトビデオの影響もかなり大きいんだろうけど、いまのAVは本当の意味でのセックスを伝えてるわけじゃない。

視聴者の極めて異常な性癖に偏り過ぎるエンターテイメント性のみを追求した単に「ヌイて終わり」の駄作ばかり。

こんなのがお手本ならば正しい性の知識なんか身に付くはずがないわな。

あなた達の大切な子供に性教育を教える先生がグーグル先生で本当良いんですか?

【追記】
記事における番組テーマが「増える40代の中絶 大人の性教育」だったのですが、わたし個人の「10代の性教育現場の在り方がおかしい」という視点から記事にしました。それを踏まえた上で一読していただければ幸いです。

記事:https://abematimes.com/posts/2230422
出典:http://www.reasonsblogs.org/

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio
わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください