痴漢疑い:男性、ビルから転落死か JR上野駅から逃走後

ne_2017-0512

なんていうか、ひどいニュースだね…。

本件は事件発生時刻が午前1時頃ということで、ここ一連の痴漢嫌疑→線路に逃走というケースとは違うけど。

でもこういうことで命を落としてしまうのは本人にとってもさぞ無念だろうし、ご両親やご家族の胸中を思えばなんだかやり切れないよな。

まず痴漢行為そのものがダメな訳なんだから、本当に女性(ケースによっては男性の場合も)に破廉恥な行為するのは論外なんだけどさ。

この件に関するツイートを見ると1/3ぐらいの人達が痴漢冤罪という部分に言及してるんだな。

これは通勤電車に女性専用車両が設けられる以前から指摘されていたことだけど、たとえ真実が冤罪であろうが警察に身柄を確保された時点で、その人は社会的に抹殺されてしまうんだよね。

その場合どのような立ち回りと言うか、行動を取ることがベストなのか?ということについてわたしはその辺りの知識について疎いのでこれが正解!とは答えられないんだけどさ。

「痴漢冤罪 対処」というワードでググって調べていくと、痴漢が明らかに冤罪ならばその場で身柄を拘束されてはならない。

「とにかく逃げろ!」ってことが当たり前のように書いてあったりするんだな。

つまり密室の冤罪を証明することが如何に難しいか?ということなのだろうが、これは現在の司法制度では最適解と主張する人までいるくらいだしね。

そういう制度もどうなのかなって気もするよ。

痴漢という犯罪行為が無くなればそれが一番いいことなんだけど、男性側もあらぬ疑いを掛けられぬよう満員電車では女性に近付かないとか、どうしても接触してしまう場合には両手を上に挙げるとか対処するしか方法が無い。

また男性専用車両を熱望する声も数多くあったが、それ以前に東京一極集中っていう経済圏の在り方が可笑しいわけだから。

それはお偉い先生の方々に地方創生へ繋がるように、我々の税金で意義ある施策を練ってもらいましょうか。

ただ痴漢を疑われたら「とにかくその場から逃げろ!」ってなっちゃってるのがね。

根本的にそこが違うんじゃないか?とは思うんだけど。

テレビでは容疑者が線路に降りて逃走したって毎日のように報道してたじゃん?

逆に「本当にそれで逃走できるのかどうか?」っていう愉快犯も中には混じってる気がするんだよなぁ…。

でも駅員として優先すべき職務が第一に乗客の安全を守ることだから容疑者を追いかける訳にもいかないしね。

そろそろ警察と鉄道会社は何かしらの対応を根本的に考え始めていかなければダメだと思う。

本当にね、バカなことは止めてほしいよ。

痴漢行為は被害者だけでなく鉄道利用者や鉄道関係者に多大な迷惑をかけるだけでは済まないし、一歩間違えば自らの生命にも危険が及ぶってことをさ。

いま一度真剣に考えてほしいよね。

記事:https://mainichi.jp/articles/20170512/k00/00e/040/316000c
出典:http://toyokeizai.net/
動画:動画が捉えた痴漢容疑男 「線路を逃走」で大迷惑 – YouTube

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio
わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください