しずかちゃんの水着入浴話題…法律で水に流せぬ話に

re_2016-0902

いやいや…。しずかちゃんに水着姿という格好をさせてまで放映する意味はあったのか?

こんな不自然な入浴シーンのほうが逆におかしい、こちらのほうが子供に悪影響与えてしまうのではないか?むしろ教育上良くないだろう。

1999年に児ポ法(児童買春・児童ポルノ禁止法)が施行(※1)されて以来、しずかちゃんの入浴シーンについては以前から様々な意見があった。

しかしついにパンドラの箱を開けてしまった、という後味の悪さだけが残る。

これは児ポ法云々の問題以前に倫理観の問題でしょう?

つまり制作スタッフは入浴シーンの是非について、すべてのあらゆる判断を視聴者に放り投げただけなのだ。体のいい責任放棄に他ならない。

最終的に水着を着せておけば、たとえ問題が生じてもスタッフサイドとして言い訳が出来るという逃げ道だけは予め確保しといてね。

あのな?この程度の判断すら出来ないくせに責任も取るつもりが無いのなら、最初から入浴シーンなどカットすればいいだろう?まったくバカげてる。

…禁断のパンドラの箱を開けると災禍が外へ飛び出したが、蓋を閉めるとそこには希望だけが残ったという。

この疑義を呈した入浴シーンについて討論を戦わせた後に、次世代の子供たちへ表現の自由という希望がこの国に残っていればいいな、と心からそう思うよ。

記事:http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1704099.html
出典:http://otakomu.jp/
脚注:児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律(平成十一年五月二十六日法律第五十二号)※1
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H11/H11HO052.html

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio
わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください