ザッカーバーグが母校ハーバードの卒業式で語ったこと

re_2017-0529

本当に素晴らしいスピーチやメッセージが詰まっている。そして英語がまるっきりダメなわたしにも理解しやすいように翻訳(※1)してくださった倉本圭造氏にただただひたすら感謝です。

30分間のスピーチなのだから、文章に起こすと相当なボリュームになるのは当たり前なのだが、ザッカーバーグの世界観につい引き込まれてしまい、息つく間もなく一気に読了してしまった。

彼はわたしより遥かに年下なのに、どうしてこれほどまでに人間としてのポテンシャルが違い過ぎるんだろうか?^^;

翻訳されたスピーチを読んでいて、実はザッカーバーグも「ミレニアル世代」だったことを今更ながら思い出したよ。笑

しかし現段階でミレニアル世代の象徴というかシンボルはまず間違いなくマーク・ザッカーバーグだね。

ザッカーバーグは若くして世界の仕組みを知ってしまったから、自らの進化や成長以上にもっと大切なことがあることを知っている。

優れた経営者、これは政治家でも同じなんだけれども、人間の倫理における規範の在り方について、非常に大きなウェイトを占めるようになる。これを分かりやすく体系化したものが道徳哲学であり倫理学なわけで。

ザッカーバーグが倫理学について深い造詣があるのかどうかはわたしは知らないんだけど、彼のように一挙手一投足が世界に大きな影響を与えるような存在になると、自然と哲学者的な思考に遷移していくものなのかもね。

ライフワークやテクノロジーが進化していくことは必然で、それを利用するのは人に与えられた平等な権利である筈なのに、世の中では貧困や病気そして紛争などが原因で、人間として当たり前の権利ですら享受できない人達がたくさんいる。

だから真の意味で人間の権利を平等なものにして人類が共存していく。そこには憎しみや差別そしてテロなどが決してあってはならない。人間が回帰すべきは「目的を平等に創世できる人間のためのコミュニティ」なのだと。

ザッカーバーグが導こうとしている人間の崇高で平等な権利…。これをさ、ブラック企業がやってる枠組みに無理やり当て嵌めようとしてみても…でもそれはとても虚しく思えてしまうんだ。

結局ブラック企業にとっての正義とは「自分達さえ良ければそれでいい」って訳だから。

そう思っていなければ、この会社で何年も仕事してくれている労働者の賃金を、5年も10年も据え置くことなんて有り得ないし、賞与だって雀の涙ほども支払った例がないだろ。

もっとおかしいのは年中無休で働いているのに、休みは週一回だけしか与えられずに夏季休暇・年末年始休暇すら取らせてもらえない。

しかも法定休日手当や深夜勤務手当などの割増賃金ですら支払われない。と言うよりもブラック企業に割増賃金を支払う意思すら無いから本当に閉口してしまう。

そして挙げ句の果ては有給休暇を使いたいと申し出ようものなら、頭ごなしに恫喝されて結局休ませてもらえないとか。

業務を受注する段階で「この金額では法令に定める雇用は無理」と最初から分かり切ってるはず。それでいながら労働者をその地域の最低賃金で雇い、社保年金など会社にとって負担の大きい間接経費である法定福利費は一切計上しない。

本来であれば法定福利費をすべて含めた正規雇用で雇入れしなければならないのに、非正規雇用者は会社側の一方的な都合だけで、労働者として受けるべき当然の権利すら与えられない。

だから肝心の仕事内容が手抜き・騙しの状態化が当たり前となって、本気で良いものを作ろうとする気概ある人間は自らブラック企業を去るわけさ、とことん愛想を尽かしてね。

ブラック企業の経営者ほど、社会貢献とか社員の生活は守るなど殊勝なことを宣うのだが、その裏では無責任な雇用で雇い入れた非正規労働者の生活を平気で踏み躙っている。

しかしその非正規労働者の数は、正規雇用されている正社員の10倍以上も在籍してるのにな。つまり臭いものには蓋をして後は徹底して見て見ぬ振り。会社にとって都合の悪い情報は一切耳に入れずに、ただやり過ごすだけなんだ。

だいたいブラック社長や役員・幹部職が会社の経費で乗っている高級車の数々は、本来は適正な雇用で支払わなければならない間接経費を加えた人件費に充当されるべきものなんだが?

こんな差別的な雇用を当たり前のようにしているブラック企業のブラック社長が、いまさら社会貢献とか慈善活動だとか偉そうなこと抜かすのはいい加減止めてくれないかな?オマエ本当に胸糞悪いんだよ?

応能負担という租税原則の意味すら理解していないのなら、経済書でもネットでも構わないから、いますぐ調べてこい。

ちょっと横道に逸れて不愉快なことまで思い出してしまったが、最後はマーク・ザッカーバーグのスピーチの中で、最も強いメッセージ性のある心に滲みたコメントを引用して終わりたい。

僕らは誰しも、誰かに手を差し伸べる時間を作れます。すべての人に、自分の目的を追える自由を与えましょう。それはそうすることが正しいことだからというだけではありません。
そうすることで、より多くの人がそれぞれの目的を追求できたら、僕らの社会全体がよくなるから、そのためにやるのです。それが理由なんです。

記事:http://jp.techcrunch.com/2017/05/26/zuckerberg-speech-update/
出典:http://www.huffingtonpost.com/
引用:ザッカーバーグのハーバード卒業式スピーチが感動的だったので日本語訳した。-倉本圭造-(※1)
http://keizokuramoto.blogspot.jp/2017/05/blog-post_74.html
動画:Facebook Founder Mark Zuckerberg Commencement Address | Harvard Commencement 2017
https://www.youtube.com/channel/UCLv7Gzc3VTO6ggFlXY0sOyw

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio
わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す