高度上空の核爆発で起きる「電気がない世界」の恐怖

sc_2017-0525

よくよく記事を読んでみるとなかなかに怖いことが書いてある。わたしらバルスなんて天空の城ラピュタ放映日のバルス祭り(※1)のときにしか使わないでしょ?

でも識者に顛末を語らせると「それって直接核ミサイル撃ち込まれるよりヤバくね?」ってなったよ。ガチでヤバい気がする。

要は現状核兵器を保有している国家ならば狙ったポイントで電磁バルス攻撃が出来てしまうってことでしょ?

ただ表面化していないだけでロシアや中国などの核大国では、対米軍と交戦状態に突入した際の本土防衛のための有効な手段として、電磁バルス攻撃を優先順位が高い選択肢としている。

実際起こり得る確率は現時点でかなり低いのだが、仮に米国のほうからこれらの核保有国に宣戦布告を行い交戦状態に突入したらどうなるだろうか?

米軍が敵国本土へ侵攻するため米海軍艦隊を中心とした海上からの援護射撃や、米空軍航空隊のステルス機など最新鋭機が本土上空に侵攻しようと作戦を行使したタイミングこそが、電磁バルス攻撃を行う格好の合図となる。

軍事行動に移り侵攻を始めた米軍に対して敵対国が有効且つ確実な先制攻撃を行うとすれば、米海軍の艦隊や最新鋭機の戦闘機・ステルス機が参加している米軍の軍事ネットワーク情報網を、電磁バルスで破壊する攻撃が想定されているのだ。

これはピンポイントで米軍の空軍機や海軍の艦隊などを攻撃するよりも、容易く米海空軍の作戦行動を無効化させてしまう。

また電磁バルス攻撃で敵対国への本土侵攻に米軍が必要以上に手間取ってしまえば、その間隙をついて電磁バルス及び核ミサイルによって、米国本土の軍事システムまでもを破壊して軍事的優位に導く戦略も想定される。

そして恐ろしいのは電磁波バルス攻撃には特殊な技術がいらないこと。

要は核を搭載したミサイルを大気圏外の高度まで打ち上げそこで核爆発を起こせば、大気が薄いため電磁バルスの発生に必要なガンマ線が広範囲に拡散するからだ。

しかしロシアや中国などの経済・軍事大国が仮に米国と緊張状態に陥り、電磁バルス攻撃による先制攻撃を行う可能性は限りなく低いのでは?というのは各国の軍事に精通する識者の共通の認識である。

それではどのようなケースにおいて電磁バルスによる攻撃を警戒しなければならないか…?残念ながらやはり北朝鮮が世界の脅威となる。

北朝鮮は数は少ないながらも、核爆弾を搭載したミサイルを現状で30基ほど保有していると見られている。

国際社会への挑発行為とも取れるミサイル発射実験を繰り返しているが、注目したいのは2017年5月14日早朝に打ち上げた弾道ミサイルについて高度2000kmにまで到達、その間およそ30分超に及ぶ長時間飛行(※2)していたものと日本政府は推測している。

この高度及び飛行時間から考察すると、北朝鮮は米国本土を射程に捉える長距離弾道ミサイルを開発・保有していることになるのだ。

むしろ先制攻撃を行うのであれば米国本土に着弾する核爆弾より先に、敵対国の軍事ネットワークを無効化する電磁バルス攻撃を最も有効な第一の手段と北朝鮮は考えている節がある。

その脅威に晒されている隣国・我が国日本の国防はどうだろうか?非常に残念だが現状では、電磁バルス攻撃を受けた場合の防御手段は「ほぼ皆無」だと考えていたほうがいい。

日米安保条約に長いこと胡座をかいて国防のすべてを米国に依存してきた日本は、この20年間で急激に進化・成長した戦略兵器への防御手段をまったく持ち合わせていない。

核兵器による核爆発は非人道的な攻撃手段で爆心地を中心に甚大な被害を齎すのだが、大気圏外の高高度で核爆発を起こし電磁バルスが日本全土を覆うように発生してしまえば、電磁バルスの大電流(サージ電流)が電気に関連するインフラに流れ込みすべてを焼き尽くしてしまう。

電磁バルス対策として、いまあるインフラや端末機器などを完全シールド化して焼失から保護することは事実上不可能だろう。

この電磁バルス攻撃以外でも、先日大きな話題となった「WannaCry」のようなサイバーテロも可能性としては消去することが出来ない。

今回のWannaCryはランサムウェアだったが、これが構築されたネットワークやクライアント機を破壊していくサイバー攻撃だったり、衛星測位システムNSS(navigation satellite systems)の機能を無効化されてしまうなど、その被害は我が国では経験したこともない甚大なものとなるだろう。

日本の隣国は国際平和協力を望まないならずもの国家や、人畜非道のテロ組織などが少なからず存在している。

この先も形骸化している安全保障にすべてを頼り切ってしまっても良いということは絶対に有り得ないことだよ。

記事:http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170523-OYT8T50051.html
出典:http://www.rssing.com/
引用:1分間に34万「バルス!」 「天空の城ラピュタ」放送でTwitter盛り上がる(※1)
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1601/16/news030.html
引用:北朝鮮が弾道ミサイル、高度2000キロ超で新型の可能性(※2)
http://jp.reuters.com/article/northkorea-missile-japan-sea-idJPKBN1890W0

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio
わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください