日本もマクロ攻撃のブーム再来、企業は要注意

te_r2016-0130-a

いまの新入社員は約15年ほど前に大流行したいわゆる「マクロ攻撃」のことを知らない世代に入れ替わってる。

だからシステム管理者はいま一度マクロウイルスに関する注意喚起を社内に促さなければならない。

基本的に見覚えのないファイルはむやみに開かないとか、更新プログラムを最新のものにするとか、そういうところから対策していかないと。

いまどきセキュリティソフトでオフィスの端末にウイルス・マルウェア対策してない会社って無いと思うんだけど。

でも7~8年前、とある会社の売上高データが保存されてる営業担当役員のクライアントPCに、何のセキュリティも施されてなかったのには流石にビックリした。

しかも社内LANでネットワークに接続されてる共有フォルダの中のこのファイルは誰でも閲覧可能だったけど、ここにもパスワード管理はおろか何の対策もされてなかったんだよね。

その会社にとって売上高データってのは大して重要じゃないんだろうなぁ、って解釈するしかないわな。笑

記事:http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1601/29/news124.html
出典:http://ss-smb.nikkei.co.jp/

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio
わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください