「ディスクの信頼性を下げてよい」 GoogleがHDD業界にクラウド時代の提案

te_r2016-0307

Googleの意図してるとこは大規模RAIDシステムのことなのかね?それなら信頼性よりスピードと容量のほうが重要な気がするけど。

無論個人レベルのデータストレージなら、それがHDDだろうがSSDだろうが、いまはまだまだ圧倒的に信頼性のほうが最重要点。

信頼性を冗長性でカバーするタイプのストレージならそれに見合った使い方するだろうし、結局は扱うデータによって保管すべき最適なストレージの選択はそれぞれ違うと思う。

クラウドストレージの方があらゆる面で優れてるとは思うが、小さなデータやオフラインデータくらいならスマホやタブレットでいい訳だ。ヘヴィユーザー以外はそもそもPC自体必要ないしね。

個人的には確かにクラウドは便利だけどそこまで信用している訳じゃない、成人男性ともなるとすべてのデータをクラウドにアップロードできるかと言えばその認識は大きな間違いだよ。

引退前の島田紳助が「携帯電話の中身は大使館や」ってカミさんに言ったらしいが、これはさすが上手い例え方だなと思った。自分が死んだら棺桶の中にそのHDDを入れてもらいたいくらい。

Googleはこれまで収集してきたデータを当然公表はしていないが、世界中のどこか3箇所に分散してバックアップデータを保管してるらしい。

そのストレージは何をメインで使っているかは知らないが、遠隔地のバックアップが3つ同時に壊れる&外部からの攻撃で破壊される可能性は相当低いだろうがね。

記事:http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20160307_746930.html
出典:http://nikkan-spa.jp/

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio

わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す