ゲーム開発関連会社が300万円分のソフトを不正コピー 新入社員が窓口通報し称賛の声があがる

te_2016-0610

こういう不正ソフトの使用(※1)、俗にいう「割れ」の問題は昔からある。

ソフトの権利関係とか含めたコンプライアンスの概念が欠如している零細ブラック企業には特に多く見られる傾向がある。

組織のトップがこうした権利関係に疎いと、その会社で雇われているスタッフは皆「一体何が不正なのか?」ってことすら考えなくなるのだ。つまりそこで思考することを止めてしまう、だから罪の意識すら無いわけ。

割れが存在することで特に被害が大きいと思われるのが、クリエイティブ系ソフトを手広く扱うAdobeを筆頭に定番のマイクロソフトOfficeなんかも多い。

権利関係のことをまったく理解していない零細ブラックの人達が、そうしたソフトを使って上手にデキる人のモノ造りを真似しても、クオリティーは所詮たかが知れてるんだがね。

ただ最近になって不正な割れをヤラレまくってるAdobe・MS・JustSystem辺りが連名で不正ソフトを使ってると情報が得られた企業、特に中小零細企業に対して警告を発している。

因みにこの手の企業は「訴訟王国アメリカ」の日本法人なので、脇を固める弁護士も版権管理のスペシャリストが顧問として鎮座している。

そういう敏腕弁護士のシゴトは私情を一切挟むこと無く、妥協せずに小さな証拠を積み重ねて確実に企業を追い込んでいくので「ヤバい!」と思った段階で不正ソフトは廃棄したほうが絶対いい。

ソースにも記載されている通り、著作権法違反は罰則が非常に重い。このご時世に「知的財産権なんてカンケーねえよ!」って商売してたら、お宅らの会社は今後10年間のうちに確実に消えるよ?

Adobeなら月額プランも用意されてるし、もうちょっとグローバルな目線で著作権をはじめとする知的財産権について考えて欲しい、それが経営者ならば特にね。

記事:https://news.careerconnection.jp/?p=24732
出典:http://investirnainternet.com/
引用:BSA:不正コピー/違法コピーソフトウェア「情報提供窓口」(※1)
https://reporting.bsa.org/r/report/add.aspx?src=jp&ln=ja-JP

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio

わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す