アルファベットの自動運転車事業、価値15兆円超も可能か

te_2017-0614

う~ん。前日の日経にはこの記事が配信(※1)されてたんだけどさ?

グーグル系、自社設計の自動運転車試験打ち切り

でもこの日経の記事をよくよく読み込んでみると

米Googleの自動運転車開発部門が独立したウェイモは12日、自社で設計したハンドルのない自動運転車を使った公道試験を打ち切ると発表した。

となっているから、あくまでも公道試験を打ち切ったっていうだけのことなのか。フォーブスの記事を読めば米アルファベット(グーグル)がウェイモを手放す理由にはいささか説得力に欠ける。

それとは別にロイターでは今月このような記事も配信(※2)されてるし。

公道試験を打ち切ったと仮定して話しを進めれば、ウェイモ的にはもう公道走行から得るデータには大した意味がないということなのだろう。

もともとウェイモはグーグルの一部門に過ぎなかったのだが、自動運転車開発に専念するために独立した企業であることを考えれば、自動運転車の「ハード=自動車」ではなくグーグルのお家芸でもある「ソフト=人工知能」の開発に特化したほうが、自動車産業とのしがらみや共存を考えれば一番無難な選択肢ではないか、とも思えるし。

でもグーグルはIT界を代表するソフト屋だから、もしかしたら完全自動運転プログラム完成の目処が立ったとも言える。

いやもう既に完成させているのかもしれない。

極端な話しではあるけれど、人工知能が完全に制御するレベル5の完全自動運転車を作るより、人間が運転する有人運転車が走行する中で同じように走行するレベル4までの自動運転車(※3)が一般車と共存することのほうが難しい気がする。

これは自家用車のマニュアル車が操作性に優れるオートマ車に淘汰されたように、有人自動車がかなり早いスピードで完全自動運転車に切り替わらないと、公道の自動運転化がスムーズに進むとは到底思えないんだよね。

人間の判断思考にはイレギュラーな要素も多いので、それが功を奏することもあれば裏目に出ることもある。この生命体独自の判断要素が介入する運転操作は、人工知能の思考アルゴリズムには予めインプットされ難い要素でもある。

故に操作性が大幅に簡略化された自動運転車に搭乗していても、人間の判断力や回避能力に委ねられる有人運動車とは、絶対に相容れない重大な根拠となり得るだろう。

また完全自動車を製造販売するのであれば製造工場や販売網も整える必要がある。

販売網は業界最大手である米Uberのような自動車配車ウェブサービス、また世界中を席巻する米Amazonの販路を利用するなど、ソフト開発の部分ではグーグルのあの技術開発力を持ってすればたわいも無いことのように思える。

やはりネックになるのはハードの部分へと帰結するのだ。

ウェイモはソフトに特化してハードは既存の自動車メーカーにすべて任せてしまう、という役割分担を明確にしたほうがお互いの利害関係が一致するから、一番現実味があって効率的な気がするけどね。

おそらく世界で最も巨大な市場であるアメリカの自動車業界が、IT界の巨人であるグーグルの一人勝ちを許せるはずもなく、それを十分承知しているからこそグーグルも自動車産業の盟主たちと同調する。

すなわちリスクを回避する姿勢を鮮明にしているのだろう。でもこの先はどう転ぶかわからないけれど。

完全自動運転化の競合企業として激しくイニシアティブを争う米TSLA(テスラ)では、OTA(Over the Air:無線通信によるソフトウエア更新)を使うために関連する法整備さえ進めば、2017年内にも完全自動運転車を販売できる(※4)というレベルにまで達してるらしいが。

現況では完全自動運転化もやや不鮮明な部分も感じられるけど、そういう期待値の部分を含めてのアルファベット株価予測だろうしね。

これからもこの分野は非常に注視していく必要がある。

…しかし何よりも悲しいのが、この分野において日本企業の名前がまったく出てこないこと。

なんかビジネスの楽しいところは全部アメリカが持って行っちゃってるよね。

日本でそういう夢を見せてくれそうなのは孫さんぐらいかなぁ…。

う~ん、いまの日本からは時代の寵児が出てくる土壌がまるで無い…。

Googleの新しいドライバーレス車のプロトタイプが発表された
te_2017-0614-b

記事:https://forbesjapan.com/articles/detail/16585
出典:https://forbesjapan.com/(※画像上)
出典:http://www.bbc.com/(※画像下)
引用:グーグル系、自社設計の自動運転車試験打ち切り(※1)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN13H39_T10C17A6000000/
引用:米アルファベット傘下のウェイモ、自動運転トラックを開発中(※2)
http://jp.reuters.com/article/waymo-selfdriving-truck-idJPKBN18T07N
引用:What’s AUTONOMOUS DRIVE?自動運転の今と未来(※3)
http://www2.nissan.co.jp/AUTONOMOUSDRIVE/01/index.html
引用:パナソニックも熱視線?完全自動運転の一番乗りはテスラか(※4)
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/041100089/052400019/

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio
わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください