2015年世界アプリ市場、LINEが収益ランキング3年連続1位に ゲームは「モンスト」が2位

we_r2016-0122-a

LINEがここまで普及したのはその手軽さ。つまり「楽すぎる」こと。コミュニケーションツールとして操作性の高さは群を抜いており、日本企業が未だこれ以上のものを作れないことに歯痒さすら感じる。

そして高い売り上げに貢献したのは有料スタンプのおかげ。いまの子供たちの間ではLINEスタンプは絶対に欠かせないツール。

いまLINEでのやり取りが原因で大炎上中の芸能人がいるけど、LINEって簡単に外部からリモートコントロール出来るってこと知らない人が意外と多い、これにはちょっとビックリ。

わたしは最低限でしかLINEを使わないし、それも日常会話の延長線以上の内容ならば別のツールで相手とやり取りする。

どういう形で情報が漏洩するかわからないし、本当に重要な案件を相手に知らせたいのなら、LINEに頼り過ぎるのは危険だと思う。

収益ランキングに目を移すとゲームジャンルの2位に「モンスト」のミクシィがランクイン。

そういえばわたしもミクシィ垢があるけど、もしかしたら2年以上ログインしてないかもしれない。笑

ミクシィも主力事業をSNSの広告収入からゲームコンテンツ収入への転換を見事に果たした。ここ数年ミクシィの売上高や利益率がハンパなくスゴ過ぎる。

ただソシャゲもいわゆる「ガチャ課金」が社会問題化する寸前で、監督省庁から課金についての規制が入るかもしれない。

それにこの手の商売は長くブームが続くわけではないので、次はどのような事業展開を見せるかだよな。

記事:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1601/21/news128.html
出典:https://plus.google.com/

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio

わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す