意識高い系、いつから悪口に? 世界不況とSNSが生んだ「炎上」

we_r2016-0329

自分の意識を高く持つのは、心懸けも含め基本的に悪いことじゃない。

自分自身の心の中だけで「意識高い系」なのであれば、周囲に実害が伴わないのでまったく問題はないのだ。

だがパンピー(一般ピープル)共が、意識高い系の思想や哲学といった内面的なものだけを真似てくれれば良いのだが…。

その自称「意識高い系」の何が問題なのかと言えば、攻撃的な主張を展開し彼らなりのアドバイスを無理やり押し付けてくる点だ。

いわゆる「パヨク」みたいな言論・論調になって、上から目線で高圧的な批評を一方的に捲し立ててくる人が多くてかなりウンザリする。

そして自分基準の価値観を他人や世間に当て嵌めて無理やり押し付けてくるから、それがもの凄くウザくて鬱陶しいのだ。その多くというかほとんどが単なる「自意識過剰」「自己陶酔」だったりするのだ。

「わたしたちの思想は正しいのだから貧しく救われない愚民どもを、わたしたちが啓蒙することで素晴らしい理想郷へと誘う」って、いつでも半笑い気味なスタンスの人。

そういう人は何故なのか非常に好戦的で「論破!」を連呼し、相手を屈服させることで自己満足するのだ。

あとSEALDsでデモに参加してる若い人とかは、典型的なイメージ通りの「意識高い系」って感じがする。

ネトウヨもある意味で意識高いのかもしれない。国防とか保守を気取ってるのもネトウヨの「意識高い系」を具現化したイメージか。

でも本当の「意識高い系」の人って、私見のみに執着することなく相手を傷付けないように配慮しながら諭すスキルを持ち、決して一方的に価値観を押し付けることない謙虚さをも併せ持ってる人のことなんだと思うけどね。

記事:http://withnews.jp/article/f0160329002qq000000000000000G00110201qq000013178A
出典:http://blog.qooton.co.jp/

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio

わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す