Google、日本語サイトの評価方法を変更 検索上位狙う「低品質なコンテンツ」の順位ダウンへ

we_2017-0203

ついにGoogleが動いた。しかも日本語検索のアルゴリズムを変更したという、異例中も極めて異例なこの措置。

これはこのブログの記事でも取り上げたがキュレーションサイトに対する規制、この一点のみに対応したものと考えて間違いないだろう。多分NAVERまとめはいまごろ蜂の巣を突いたような大騒ぎに違いない。

この変更点を要約すればSEO対策に特化しただけの内容が薄っぺらいページを検索結果から弾く(※1)ということ。結局は昨年末のWELQ問題がGoogleにも飛び火してしまったというわけだ。

一口にSEO対策と言っても日本の検索サイトの95%以上がGoogleエンジンを採用してるわけだから、Googleエンジン対策とも言えなくはない。

実はこのブログDigital PhilosophyもSEO対策をしてます、と言えばそれなりに格好も付くかもしれないんだけどさ。

種明かしするとこのブログの提供元であるWordPressのプラグイン(モジュール)でSEOのセッティングを簡単に設定できるものがあるのでそれをインストールしている。

しかし細かくセッティングするのが面倒くさくて比較的重要な部分のみ弄っているだけ。だからSEOの恩恵をこのブログはほとんど受けていないのと同じなんだよね。

Google側は「テキストが主で内容の薄いページの評価を低くする」と今回の変更点についてアナウンスしているのだが、それを言われるとわたしのブログも評価を下げられるページにドストライクで該当してしまうんだな。笑

わたし的にはそれほどSEOについては気にしていない。つまり検索順位がいくら高かろうが、その利用者をわたしのページに誘導することができなければ、SEO対策してもそれはまったく意味を成さないわけ。

だからわたしが最も注視してるデータは検索順位ではなくGoogleやBingがサイト管理者用に提供しているウェブマスターツールで、利用者の動きなどのデータを集計している「ページトラフィック」のほうがより重要な指標値だと思っている。

特にわたしのブログのように無名で中身のないサイトは検索順位がいくら高くても利用者は入ってきてくれない。これはクリックスルー率という指標で数値化されるのだが、残念ながらDigital Philosophyはこのクリックスルー率が異常に高い。笑

極端に表せば10回キーワード検索でこのブログがヒットしたとしても、実際にページを覗いてくれる利用者は1~2人程度しかいない。しかも検索順位が低いわけではなくそのワードの検索結果として20位以内、つまり検索結果からクリックされる可能性が高い2ページ目までに出現したとしても10%程度しか入ってきてくれないのだ。

これには様々な要因が考えられるが、ブログの知名度の低さやわたしの名前が全く知られていないこと。そして扱っている記事や話題が絞り切れておらずテーマがブレ過ぎていることなどが挙げられるだろう。

このようなブログであればやはりテーマを特化していくほうが固定ユーザーも増やしやすい。だから単純にアクセスを増やすのであれば、Googleではないが特定のテーマに絞った上で記事の品質をいま以上に高めなければならないだろう。

言い訳がましくなるけど、このブログはわたしが思ったことを連々書き残すだけの備忘ログになればそれでいいのでね…。あ~でもこれやっぱり言い訳にしか聞こえないよなぁ。失笑

またウェブマスターツールからWEBページを最適に読込・表示するためのアドバイスを受けることが出来るのだが、このDigital Philosophyでは「画像の保存形式を考慮してファイルサイズを改善してください」といつも注文が付く。

WordPressのデータをアップしてるサーバのレスポンスは非常に高いと評価されているので、このブログを読み込むためのリロードタイムで中々ページが切り替わらない現象は、少なからず画像処理の方法にいくつかの問題があるのだろう。

ただこれはわたしの作り手の拘りというものが少々あったりする。まずWordPressの画像加工プラグインのデフォルト値がひとつの画像ファイルから、表示サイズの異なる画像を6つも7つも精製してしまう。

つまり記事に使うことのない画像までWordPress側で勝手に複製して作ってしまうので、この設定を変更することで画像ファイルによるサーバ負担を軽減している。

そしてウェブマスターツールはこのことを指摘しているのだろうが、わたしはこのブログで使う画像の解像度を96dpiで加工している。普通WEBページで用いるdpiは72なのでほんの気持ちだけ画像ファイルが大きくなる、と言ってもこれは微々たる違いなのだが。

これは記事を伝える方法として、画像処理が雑で何が映っているのかわからない画像を使ったってまるっきり無意味だろう、との思いから少しでも記事のイメージが読者に伝わってくれれば、という作り手としてのポリシー&プライドからなのだ。

また記事ページのように大きな画像を使う必要があるかどうか?という点だが、このブログでは記事ページで表示される画像サイズは750×450px、抜粋ページのアイキャッチ画像を300×180pxに設定している。つまり縦横比が「10:6」になるように画像を加工する。

こうすれば画像に統一感が出るし、このブログで使っている750pxの画像を40%表示にすれば、抜粋ページのアイキャッチとして使えるので画像ファイルのロスが少なくなるわけ。

ただ画像の処理方法を変えることでページレスポンスが飛躍的に向上するのであればやはり画像の加工方法や保存ファイル形式を変えなくてはならないだろうし、例えばひとつのファイルで表示させていた画像を4分割して別々にファイルを読み込ませリロードの負荷を軽減するなど対応策はいくらでもあるのだが。

それ以外ではWordPressデフォルトテーマやプラグインのCSSコードの縮小や、レンダリングをブロックしているJavaScript/CSSを削除しろなど、Google側からの要求が非常に多いのだが、元々何の脈略もないページテーマとプラグインが競合するのだからリソースの読み込みが遅くなるのは当たり前。

それを言い出したらいまWEB上にあるほとんどのサイトがJS/CSSを修正しないといけないでしょ?

…話しが随分と横道に逸れたのでこの辺でお開きにします。

今後もDigital Philosophyは皆様にご満足いただける良質な記事お届けできるよう尽力して参りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。笑

記事:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1702/03/news085.html
出典:http://seo-lpo.net/
引用:キュレーションメディア“狙い撃ち” Google検索、アルゴリズム変更の狙い
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1702/03/news099.html

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio
わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください