「IS戦闘員になる」日本人を拘束 トルコ軍警察

wo_r2016-0324

以前からISのプロパガンダに感化され、参加しようとする邦人がいるだろうとは思っていた。

でもやはり初めて報道(※1)が出てしまうと、同じ日本人としてとても情けない気持ちになる。

正直彼らがISに参加しようとする動機が、わたし的にはその気持ちがまるで理解出来ないのだ。

ISは有志連合の空爆により補給路や退路を断たれ、武器の調達や食料の補給などもままならない状況下にある。

現在活動しているのは地下に潜り、EU諸国に散らばったIS戦闘員たちのギルドが、無差別でテロ活動を起こしている。

そしてテロ活動での最大の武器が、自ら命を投げ打つ「自爆」行為なのだ。もしかしたら自爆テロ以外の方法も既に選択肢に無く、現状のISには余力はまったく残されていないのかもしれない。

顕在化した邦人のIS戦闘員志願者の身柄拘束はこれが初めてだが、おそらく厳戒態勢の警備網を潜り抜けISに合流した邦人は他にも間違いなくいるだろう。

参加している邦人たちがISの野蛮な思想を本当に理解しているのか知る由もないのだが、このような邦人が旅行者のフリをしてIS戦闘員として日本へ帰国したとする。

その後国内で、例えばラッシュ時の地下鉄などで邦人のIS戦闘員たちが共謀し、自爆テロなどを起こされたら現状では対策の講じようがないだろう。

記事:http://www.asahi.com/articles/ASJ3R6V64J3RUHBI032.html
出典:http://www.hurriyet.com.tr
引用:DAILY SABAH(※1)
https://twitter.com/DailySabah/status/712629005913075712

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio

わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す