ロシア駐トルコ大使、銃撃受け死亡 犯人は非番の警察官

wo_2016-1220-a

また忌まわしく許しがたい事件が発生した。

トルコ政府はロシア外務省の駐トルコ大使であるアンドレイ・カルロフ氏を襲撃した男について、警察の特殊部隊に所属する非番の警察官だったと明らかにした。

「アレッポを忘れるな!シリアを忘れるな!神は偉大なり!」

こう叫びながら男は露大使に向け発砲したという。

このところアレッポでは幼い子供を含め、多くの市民がロシア軍の空爆によって犠牲となっている。

空爆は武装地帯のみから徐々に範囲が拡大し、非武装エリアである病院なども空爆の対象になるなど無差別化しているのだ。

銃撃犯は露大使を射殺した上で放映中のテレビカメラに向かい「アレッポを忘れるな!」と幾度も繰り返し叫んでいた。

これはロシア軍のアレッポの空爆・そして制圧作戦に対する抗議行動、というより抗議テロだろう。

ロシアの大規模な軍事支援をバックにアサド政権はシリアの東アレッポを一気に制圧してしまった。

この制圧を目の当たりにした反ロシア勢力のジハード主義によりロシアへの報復というだけでなく、エルドアン政権にも「これ以上ロシアに近付けばジハードの対象にする!」と警告したものという見方が体勢を占めているが、現段階では声明は出ておらずはっきりしていない。

アレッポ制圧を含めロシア軍はアサド政権側に大きな肩入れをしており、反政府軍の拠点や都市を前述したように無差別での爆撃を繰り返している。

その無差別爆撃によって多くの罪のないシリア市民が犠牲となっているため、今回の抗議テロに対して国際社会は強く非難している。

この抗議テロにはアサド政権を支持するロシアへのスンニ派イスラム教徒の反発と、速やかにアレッポから退去するよう主導してきたトルコ政府に対する強い非難も含まれているものと考えていい。

アサド政権打倒を目指してきたエルドアン大統領のトルコだが、最近は攻撃対象を対クルド人弾圧に変えており、国境付近の安全保障地帯の設置に力を入れているようだ。

シリア紛争はもうすぐアサド政権とロシア軍によって完全制圧されるだろう。この流れではトルコはロシアに譲歩せざるを得ないだろうし、トルコが一歩引くことにより西側諸国の有志連合はシリアでの活動について大義名分が無くなるので、これ以上強硬策を打ち出すことが難しくなる。

ロシアが支援したシリアのアサド政権が勝利して、アメリカが支援した反政府軍穏健派勢力にかなりの不満が噴出している。アサド政権を支援してたのはロシア、反政府軍穏健派にはアメリカが支援している。

さらに来年トランプが新大統領に就任するが、トランプ次期大統領はロシアと関係を改善したい考えがあるようだ。もうそうなってしまってはオバマ政権が支援していた反政府軍穏健派はアメリカという後ろ楯を無くしてしまう。

2011年に「アラブの春」の名のもとに中東や北アフリカで民主化運動が起こるのだが、2013年にシリアはアサド政権軍と反政府軍との間で内戦が勃発してしまう。

アサド大統領はイスラム教シーア派であり、アサド政権の主要ポストもすべてシーア派で固めてしまった。しかしシリア国民の大多数はスンニ派が占めており、もともとはイスラムの「宗派対立」に起因しているのだ。

今後は恐らくアサド政権側の徹底弾圧が行われ難民が更に数を増すだろう。しかしEU諸国にはもう難民を受け入れられるキャパシティがない。

トルコは難民が欧州へと進む経由地ではあるが、裏では貧困の難民を一部取り込み、シリアの反政府ゲリラに人身売買している勢力もあるようだ。

この人身売買組織はトルコの保守派の一部とも言われ、エルドアン大統領の支持層でもある。

世界の警察であるアメリカは独裁政権を崩壊し、中東にもグローバリズムやリベラル思想などをもたらそうとしたが、宗派間の対立やイスラミックステート(IS)の台等により、逆に混迷の度を深めてしまう大失態を冒してしまった。

ロシアのシリア政策に加えて、トランプ次期大統領のアメリカがどの様に対イスラエル政策の舵を取っていくのか?中東情勢は更に混迷を極めていくのだろうか…?

テロは断じて許される行為ではなく決して容認することは出来ないが、しかしロシアが支援するシリアのアサド政権軍が、化学兵器の一種である塩素ガスによる攻撃を2度にわたり行った事実が国連と化学兵器禁止機関(OPCW)から報告されている。(※1)

このような非人道的な兵器を用いて罪のない市民を大量に殺戮したことは紛れもない事実であり、このテロ実行犯が最も伝えたかったメッセージであることを、わたしたちはこの胸に刻まなければならない。

記事:http://jp.reuters.com/article/global-forex-lira-shooting-idJPKBN1481WI
出典:http://edition.cnn.com/
引用:国連「アサド政権が化学兵器使用」 ISもマスタードガス使用と断定
http://www.afpbb.com/articles/-/3098584(※1)

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio
わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください