ロンドン襲撃事件で4人死亡・40人負傷、英首相「異常で邪悪」

wo_2017-0323-a

非常に悲しい事件が英ロンドンの中心部ウエストミンスターで発生してしまった。

ウエストミンスターは英議会議事堂など政治の中枢やウエストミンスター宮殿がある由緒正しいロンドン観光の中心地である。

そのような場所ならば当然警備態勢は他と比べても厳重なのだが、「敢えて」その英国の中枢目掛けて容疑者は単身テロ攻撃に及んだ。

このことから考察しても非常にショッキングなテロ攻撃だと言わざるを得ない。

22日に発生したこの襲撃事件で、これまでに5人の死亡が確認され40人が負傷している。(※1)

現在もまだ国際的テロ組織からの犯行声明は出ていないが、英警察当局は「イスラム過激主義に触発されたテロ活動」と断定し捜査を進めている。

英国メイ首相は「1人の襲撃犯による犯行」だと事件の一部を明らかにした。

また警察当局によると、襲撃犯の身元は把握しているようで共犯者がいなかったか、慎重に捜査を進めているという。

あくまでも単独犯の仕業ならば、いまから9年前に発生した2008年6月8日「秋葉原通り魔事件」の凄惨な事件が思い出される。

早い段階からテロ組織が犯行に関与していると警察当局はみているようだが、政治的思想に囚われずに社会的孤立感から凶悪犯罪に至った例は日本でも枚挙に暇がない。

このようなローンウルフ型テロの発生を未然に防ぐ対策も、現時点で有効な手立ては何一つとしてない。

テロ攻撃が小規模化するほどに犯罪は地下に潜り、これを事前に察知することはもしかしたら不可能なのかも知れない。

罪の無い善良な市民が犠牲となり尊い命が奪われてしまった、この犠牲者の無念を慮るとやり場のない怒りに震えている。謹んで哀悼の意を表します。

そして市民の不安をいち早く取り除き、これ以上犠牲者が現れないことを切に願う。

追記:ロンドンテロ、IS系が犯行主張する声明 通行人ら死傷(※2)
過激派組織「イスラム国」(IS)系列とされる「アマク通信」は23日、「(ISを空爆する)有志連合国の市民を攻撃せよという呼びかけに応じ、ISの戦士が実行した」と犯行を主張する声明を出した。だが組織的関与は不明だ。
ロンドン警視庁は当初、事件の犠牲者を4人と発表したが23日に3人に訂正した。負傷者のうち、7人が重体という。

wo_2017-0323-b

記事:http://jp.reuters.com/article/britain-security-idJPKBN16T29N
出典:http://uk.reuters.com/(※画像上)
出典:http://www.bbc.com/(※画像下)
引用:ロンドン襲撃 これまでに分かったこと(※1)
http://www.bbc.com/japanese/39361906
引用:ロンドンテロ、IS系が犯行主張する声明 通行人ら死傷(※2)
http://www.asahi.com/articles/ASK3R5CHZK3RUHBI01R.html
加筆:2017/03-23/22:35訂正

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio
わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください