ISが国家樹立宣言したモスクを自ら爆破、イラク首相「敗北認めた」

wo_2017-0622-a

ISの最高指導者であるバグダディ容疑者がシリア・ラッカ空爆により殺害されたと、16日ロシア国防省が発表。

バグダディが2014年に演説し、一方的にイスラム国家樹立を宣言した地がこのヌーリ・モスク。(光の大モスク)

ISにとって象徴とも言えるモスク爆破は、イラクからの撤退を示唆しているのか。

事実、ISにはテロ活動を行う兵力も武器も資金も無い。多国籍軍の働きによって近日中に間違いなく殲滅するはずだ。

―混迷を極めたひとつの悪の象徴が消え行く。

wo_2017-0622-b

しかし例えISが殲滅しても、生き残ったテロリストは地下に潜る。そして見えない脅威となって各国に散らばるだろう。

今回バグダディが起った首都モスクのヌーリ・モクスを破壊したのは「新たな指導者」が前体制の象徴を爆破することで決別し、違う地に降り立ち新たな殺戮国家の建国を高々に宣言するためのプロローグなのか…。

wo_2017-0622-c

記事:http://jp.reuters.com/article/iraq-isis-mosque-idJPKBN19D09M
出典:http://jp.reuters.com/

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio
わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください