劉暁波氏が死去、ノーベル平和賞の民主活動家 米大統領ら哀悼

wo_2017-0714-b

劉暁波(リウシアオポー)氏は非暴力による極めて平和主義的な運動で、民主化を世論に訴えかけ、中国共産党の独裁体制を批判し、民主化運動の象徴的存在となっていた。

しかしこの政治改革と人権保護を訴える08憲章を起草したことで拘束され、2009年に国家政権転覆扇動罪で懲役11年の禁固刑を言い渡される。

2010年には「中国での基本的人権確立のため長年にわたり非暴力の闘いを続けてきた」という活動を評価されノーベル平和賞を授賞するも、当時獄中にあったため授賞式には出席できなかった。

また妻の劉霞(リウシア)氏も中国当局によって自宅に軟禁されており、代理出席の願いはついに叶わなかった。

wo_2017-0714-c

2017年5月末に服役していた刑務所で肝臓がんと診断され、遼寧省瀋陽市内の病院に移送され治療を受けていたが、しかし劉氏はすでに末期がんの状態で手術も施せず容態は悪化。

2017年7月13日午後5時35分、61年に渡る激動の生涯を終えた。

この時代にも関わらず活動家の自由は言論弾圧され、また中国市民も劉暁波氏の名前を知らない、その活動も関知していないと異口同音に答える。

しかし厳重な情報統制が敷かれながらも劉氏逝去の報を受けた中国のネットでは、中国当局の検閲の網にかからないよう隠語で追悼するユーザーたちの悲嘆に暮れる投稿がネットに相次いだ(※1)という。

―これこそがいまの中国を象徴する出来事であり、一党独裁国家の奥深き闇である。

wo_2017-0714-a

ノーベル賞授賞が決まった直後、劉氏は劉霞氏に「(ノーベル平和賞は)天安門事件で犠牲になった人々の魂に贈られたものだ」と涙を流しながら語り、そして死去する間際には、妻の劉霞氏に「あなたはしっかり生きなさい」と言い残した(※2)という。息を引き取る時は劉霞氏や家族らに看取られ、安らかな表情だった。

中国の民主活動家、劉暁波氏のご逝去を悼み、謹んで哀悼の意を表します。

wo_2017-0714-d

記事:http://jp.reuters.com/article/china-rights-idJPKBN19Y1W8
出典:http://jp.reuters.com/(※画像上)
出典:http://www.sankei.com/(※画像中上)
出典:http://www.huffingtonpost.jp/(※画像中下)
出典:https://mainichi.jp/(※画像下)
引用:劉暁波さん死去 中国政府の検閲をかいくぐり、ネットの人々はこうやってその死を悼んだ(※1)
https://www.buzzfeed.com/jp/eimiyamamitsu/liu-xiaobo?utm_term=.sbezqRA4Z#.fkG7Q3q1E
引用:「あなたはしっかり生きろ」 劉暁波氏、妻に最期の言葉(※2)
http://www.asahi.com/articles/ASK7G0VNNK7FUHBI038.html

TAKEMOTO, Toshio
TAKEMOTO, Toshio

わたしはPsychopathでありAlcoholismと戦っています

コメントを残す